環境マネジメント

推進体制

エーザイグループでは、全社環境安全委員会を設置し、環境保全に関連した重要事項の審議・決定を行っています。海外からの議題を含めグローバルな活動を推進するとともに、国内外における環境面からのリスク把握やその低減対策の確立に向けた活動強化にも取り組んでいます。また、国内グループ企業の環境保全活動を推進する協議機関として国内ENW環境安全協議会を設け、情報の共有や活動に関する議論を行っています。

エーザイグループ各事業所では、独自のマネジメント体制を構築し、環境活動を推進しています。国内主要生産拠点および蘇州(中国)、バイザッグ(インド)の両生産拠点では、ISO14001取得に基づく活動を行っており、環境教育、環境リスク対応を目的とした訓練の実施など意識面からの向上をはかっています。環境関連法や条例・協定の遵守はもとより、監査専門組織による環境関連の内部監査を定期的に行い、課題の発見・解決に努めています。

専門委員会:省エネ検討会、廃棄物検討会 総務・環境安全担当執行役、全社環境安全委員会、総務・環境安全部、エーザイ株式会社 事業所・本社ビル群*・コミュニケーションオフィス海外グループ企業、環境関連会議、国内ENW環境安全協議会、国内グループ企業、環境関連会議
環境マネジメント推進体制
  • *
    エーザイ株式会社の本社機能を担うビル群

ISO14001認証取得事業所

  • エーザイ株式会社 川島工場、鹿島事業所
  • EAファーマ株式会社 福島事業所、創薬研究所、本社
  • 衛材(中国)薬業有限公司 蘇州工場
  • エーザイファーマシューティカルズインディア, Pvt. Ltd. バイザッグ工場

環境教育

地球環境との調和をめざした環境保全活動を推進するためには、全従業員が日常業務と環境問題との関連を正しく理解し、課題解決に向けた個々の意識を高めていくことが重要です。エーザイグループでは、各事業所・企業単位で自主的な教育計画を立てており、それぞれの事業特性・課題に沿った教育を実施しています。全従業員向けの教育のみならず、様々な階層を対象とした教育が用意され、内容のさらなる充実がはかられています。環境教育担当者や公的資格者の育成、個々のレベル向上を目的とする社内外の専門講習への参加も積極的に進めています。

内部監査

監査専門組織による環境関連の内部監査を実施しています。監査対象は国内外のグループ企業にも及び、独立した立場から客観的な監査に努めています。2018年度の監査では、緊急かつ重大な課題は見出されませんでした。

また、ISO14001認証を取得している事業所・企業においては、年一回、外部審査を受け環境管理システムの有効性を確認しています。2018年度、外部審査機関による重大な指摘事項はありませんでした。ISO14001認証を取得している事業所・企業では所内で自主内部監査員を養成しており、研修によるレベルアップがはかられています。毎年の自主内部監査結果は環境管理システムの継続的改善に反映され、環境保全活動の質的向上につなげています。

環境リスク対応

国内グループでは、環境事故への対応法を「災害・事故対応マニュアル」および「労働災害・事故発生報告および集計基準」にまとめています。正確な情報収集と迅速かつ適切な対応により被害を最小限にくい止めるとともに、再発防止に万全を期しています。特に、工場・研究所では、環境に著しい影響を与える事態として、排水、排ガス、廃液等からの有害化学物質漏洩などを想定した緊急事態訓練を定期的に行って非常事態に備えています。

また、海外グループ企業を含めた全社的な環境リスクへ確実に対応するため、独自のガイドラインを発効し、危険源の特定やリスク管理体制の充実をはかっています。

法令の遵守

国内グループは、環境関連法規・条例・自治体との協定等の遵守に努めています。特に工場・研究所では、大気汚染・水質汚濁原因物質の環境負荷量を定期的に測定しており、問題がないことを確認しています。また、近隣環境保護の観点から、工場・研究所における騒音・振動・悪臭に関する定期測定も実施しており、いずれも規制値以下であることを確認しました。フロン排出抑制法への対応も確実に進め、環境関連の各種届出も遅滞なく当局へ提出しました。

一方、本庄事業所は、2018年9月をもって事業閉鎖となりました。これに伴い、土壌汚染対策法に基づく土壌調査および自主的な地下水調査を2018年10月から2019年1月にかけて実施しました。その結果、敷地内の一部の土壌から基準値を超える特定有害物質が検出されたため、埼玉県に報告し、形質変更時要届出区域の指定を受けました。
汚染地点はすべて被覆し、表面土壌の飛散防止処置を施してあります。
さらに、汚染判明地点において地下水質試験を実施したところ、基準値を超える汚染物質の残留は認められませんでした。埼玉県指導の下、法令・条例に従い適切な対応を今後も進めてまいります(https://www.eisai.co.jp/information/2019/pdf/20190730.pdf)。

環境コミュニケーション

事業活動を進めていくうえで、地域社会との相互理解・協調はたいへん重要です。そのため川島工場では、地域社会との情報共有やコミュニケーションの場として地区懇談会を毎年実施しています。近隣地区代表の皆様や行政担当者の皆様に参加いただき、生産活動や環境保全活動の取り組みを紹介するとともに、工場への意見や要望を直接お伺いしています。

同様の取り組みをEAファーマ株式会社福島事業所でも実施しています。福島事業所における環境活動や地域への貢献活動について情報交換を行い、相互に理解を深めています。

環境事故報告

環境リスクに関する事例と対策

※左右にスクロールできます

環境リスク事業所名内容対応
漏洩

川島工場

第三製剤棟に設置している空調用冷凍設備からフロン冷媒が漏洩した。 漏洩を発見後、直ちに各務原消防本部へ連絡した。圧縮機と膨張弁を接続する冷媒配管のフレア接続部にひび割れが発生していた。設備稼働前のオーバーホール時、防振ゴムを必要以上に締め付けたため、冷媒配管の金属疲労が発生したことが主な原因と考えられた。防振ゴムを正常な状態に戻し、破損配管を交換、冷媒を再充填した。
設備が正常に稼働することを確認し、使用を再開した。

サステナビリティ