トップメッセージ

ステークホルダーズの皆様には、平素より格別のご高配をいただき厚く御礼申し上げます。

 

当社グループは、患者様と生活者の皆様の喜怒哀楽を第一義に考え、そのベネフィット向上に貢献することを企業理念としています。この理念のもと、人々の「健康憂慮の解消」や「医療較差の是正」という社会善を効率的に実現することをめざしています。

このヒューマン・ヘルスケア(hhc)理念は、定款にも規定し株主やステークホルダーズの皆様とも共有されています。そして、この定款において、当社の使命は患者様と生活者の皆様の満足の増大であり、その結果として売上、利益がもたらされ、この使命と結果の順序を重要と考えるとしています。この使命と結果の順序は、私たちが何のためにエーザイに集い働いているのか、という動機付けとなり、私たちが進むべき道を示しています。このhhc理念は当社グループの1万人を超えるグローバル社員に深く根付き、患者様の想いに応えようとするモチベーションが社のイノベーション創出の源泉となっています。

 

2021年4月よりスタートした中期経営計画「EWAY Future & Beyond」では、当社が貢献すべきヘルスケアの主役を医療領域のみならず日常領域で生活する人々にまで拡大しています。アンメット・メディカルニーズが極めて高く、我々が最も強みを持つニューロロジー領域とオンコロジー領域に立脚したサイエンスとデータに基づくソリューションを創出し、他産業との連携によるエコシステムの構築を通じて、人々の「生ききる」を支えるhhceco(hhc理念+エコシステム)企業へと進化することをめざしています。

hhcecoを実現する上で中核となるのが、エーザイ ユニバーサル プラットフォーム(EUP)です。ベンチャーやアカデミアと連携して生み出される新規治療薬やデータを基にソリューションを創出し、自社のネットワークや他産業とのコラボレーションを通じて日常と医療の領域で生活する人々にお届けしていきます。

 

当社が注力する社会善の一つに、国連の持続可能な開発目標(SDGs)のターゲット(3.3)である「顧みられない熱帯病(NTDs)」の制圧があり、それによる医療較差の是正の実現をめざしています。NTDsは途上国などの貧困層で蔓延し、世界で17億人の人々がその感染リスクに晒されています。当社は、2010年から世界保健機関(WHO)やビル&メリンダ・ゲイツ財団などの世界のパートナーと共に、NTDsの一つであるリンパ系フィラリア症(LF)の制圧に向けて治療薬の無償提供や疾患啓発に取り組むとともに、その他の複数のNTDsやマラリアの新薬開発も推進しています。

 

今後も、hhc理念のもと、様々なパートナーとの確かな信頼関係を基盤に社会善を効率的に実現し、持続的な企業価値向上を目指してまいりますので、ご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。


代表執行役CEO 

内藤晴夫