生物多様性保全

生物多様性指針の制定

エーザイグループは、天然資源など生物多様性のもたらす恵みを利用して事業活動を行っています。自社創製の抗がん剤「ハラヴェン」は天然物のクロイソカイメンに由来するなど、生物多様性の保全は持続的に事業活動を行っていくために重要な課題となっています。そのため、カルタヘナ法、外来生物法などの法律を遵守するとともに、事業活動の各段階における生物多様性への影響を把握し、改善に努めています。さらに、各事業所では自然環境の保全にも努めています。

2020年度は、「ENW環境方針」を改定し、生物多様性の保全に配慮した事業活動の展開と自然共生社会の実現への貢献を掲げるとともに、すべての従業員が生物多様性の重要性を認識し、生物多様性に関する社会的責任を果たすことを目的として、「生物多様性指針」を制定しました。

生物多様性指針

基本理念

エーザイグループは、生物多様性により生み出される自然の恵みに感謝し、生物多様性の保全と生物資源の持続可能な利用に努めます。事業活動における生物多様性への影響に配慮し、地球環境との調和に基づく自然共生社会の実現に貢献します。

基本方針

  1. 事業活動による生物多様性への影響についてグループ企業はもとより、サプライチェーン全体で把握するよう努め、生物多様性の保全を重視した企業経営を行います。
  2. 温室効果ガス排出抑制や化学物質排出に伴う環境汚染防止、廃棄物の適正処理および資源の有効活用を積極的に推進し、生物多様性に悪影響を及ぼす環境負荷の低減に努めます。
  3. 遺伝資源を含めた生物資源の公正利用など国際的な法令や取り決めを遵守した事業活動を展開し、その持続可能な利用に努めます。
  4. 生物多様性の保全に関する社員の意識向上に努め、国内外ステークホルダーズとの連携・協調による生物多様性を育む社会作りに貢献します。
  5. 生物多様性の保全に関する会社情報を積極的に開示します。

国内外における主な取り組み

川島工場では、1966年3月に操業を開始して以来、「All for Patients and Nature」のコンセプトのもと、事業所内の自然環境の保全に努めています。総敷地面積約47万㎡のうち、緑化率は約50%で、「木を一本切ったら、三本植えよ」という創業者の想いを受け継ぎ、約30,000本の樹木を維持・管理しています。中でも旧川島町の町木であるクロマツは、そのほとんどを敷地内で維持・管理しています。さらに、敷地内にある内藤記念くすり博物館の薬草園では、絶滅危惧種を含む約600種の薬用および有用植物を栽培・管理しています。

また、EAファーマ株式会社福島事業所では、ソメイヨシノ、シダレザクラ、欅、メタセコイアなど、多様な樹木を植樹し、敷地内の植栽林の保全に取り組んでいます。
さらに、エーザイファーマシューティカルズインディア, Pvt. Ltd. (インド)では、2020年6月の「世界環境デー」に合わせ、環境啓発促進のための植林プログラムを開始しました。2021年3月までに、事業所のあるアーンドラ・プラデーシュ州で5,000本を植樹しました。

絶滅危惧種を栽培・保全する薬草園(内藤記念くすり博物館) 敷地内の植栽林の保全(EAファーマ株式会社福島事業所) 「世界環境デー」に合わせた植林プログラム(エーザイファーマシューティカルズインディア,Pvt.Ltd.)