エーザイのパートナーシップ展開

エーザイでは、パートナーシップはビジネスの効率性・生産性を向上する上で極めて有効な手段と考えています。エーザイが展開しているパートナーシップモデルは多岐にわたりますが、「重点領域でのイノベーション創出に向けたパートナーシップ」と、「医薬品アクセス拡大に向けたパートナーシップ」に大別されます。

エーザイは、今後もパートナーシップを有効に活用し、グローバルに患者様満足の増大を追究していきます。

  • 下記契約内容は2017年5月末時点の情報

重点領域でのイノベーション創出に向けたパートナーシップ

神経領域

Arena Pharmaceuticals, Inc(米国)

2013年11月に締結した肥満症治療剤lorcaserin hydrochloride(一般名、米国製品名「BELVIQ®」/「BELVI Q XR®」、以下 BELVIQ)の独占的商業化に関するライセンス契約の変更について合意。本契約変更に基づき、アリーナ社が保有するBELVIQの開発および販売に関する全ての権利を獲得

BIAL-Portela & Ca, S.A.(ポルトガル)

抗てんかん剤「Zebinix」(一般名:エスリカルバゼピン)の欧州における販売ライセンスおよび共同販促契約

BioArctic AB(スウェーデン)

抗Aβプロトフィブリル抗体「BAN2401」の全世界におけるアルツハイマー型認知症を対象とした研究・開発・製造・販売に関する独占的ライセンス契約

Biogen Inc.(米国)

  • 1.
    BACE阻害剤「E2609」、および抗ベータアミロイド(Aβ)プロトフィブリル抗体「BAN2401」に関する共同開発・共同販促契約
  • 2.
    Biogen Inc.開発のアルツハイマー型認知症治療剤抗Aβ抗体「aducanumab(BIIB037)」および抗タウ抗体の共同開発・共同販促に関するオプション権の取得

中外製薬株式会社(日本)、F. Hoffman-La Roche Ltd.(スイス)

不眠症治療剤・麻酔導入剤フルニトラゼパム(エーザイ販売名「サイレース®」、中外製薬販売名「ロヒプノール®」)の日本向け原薬製造権、ならびに中外製薬が日本で販売中の「ロヒプノール」の製造販売承認を2社より移管・承継

大日本住友製薬株式会社(日本)

抗てんかん剤「Zonegran」(一般名:ゾニサミド)の欧州、アジアにおける製造・販売に関するライセンス契約

JCRファーマ株式会社(日本)

血液脳関門通過に関する技術「J-Brain Cargo」の治療薬創製をめざしたフィージビリティー試験に関する契約

Meiji Seika ファルマ株式会社(日本)

日本で臨床開発中のパーキンソン病治療剤safinamide(開発番号:ME2125)について、日本とアジアにおける商業化に関するライセンス

Novartis AG(スイス)

抗てんかん剤「イノベロン/Banzel」(一般名:ルフィナミド)の全世界における開発および製造・販売に関するライセンス契約

Orion Corporation(フィンランド)

  • 1.
    パーキンソン病治療剤「Eldepryl」(一般名:セレギリン)の中国における包括的販売提携
  • 2.
    パーキンソン病治療剤「Comtan®」(一般名:エンタカポン)および「Stalevo®」(レボドパ、エンタカポン、カルビドパの3剤配合剤)について、中国におけるマーケティングおよび販売などに関する契約

Pfizer Inc.(米国)

疼痛治療剤「リリカ」(一般名:プレガバリン)の日本における共同販促契約

Purdue Pharma L.P.(米国)

デュアルオレキシン受容体拮抗剤 「lemborexant」(「E2006」)に関するグローバルな共同開発・共同販促契約

シスメックス株式会社(日本)

認知症領域に関する新たな診断薬創出に向けた非独占的包括契約

Sunovion Pharmaceuticals Inc.(米国)

不眠症治療剤「ルネスタ」(一般名:エスゾピクロン)の日本における独占的な開発および販売に関するライセンス契約

ジョンズ・ホプキンス大学(米国)

神経領域における創薬研究の共同研究契約

慶應義塾大学(日本)

認知症における新薬の探索・開発に関する新たな共同研究の実施

ロンドン大学(英国)

  • 1.
    バイオマーカー研究を含む神経変性疾患(NeurodegenerativeDisease)領域における、1)神経炎症(Neuroinflammation)に関する研究、2)神経血管・ミトコンドリア関連(Neurovascular/Mitochondria)に関する研究、3)タンパク質恒常性(Proteostasis)に関する研究などで共同研究を実施
  • 2.
    神経疾患の新規治療法の開発に向けた創薬研究で提携

がん領域

Epizyme, Inc.(米国)

「E7438」を含むエピジェネティック関連酵素EZH2をターゲットとするがん治療薬の日本における開発・商業化、およびアジア地域における優先交渉権に関する提携契約

Halozyme Therapeutics Inc.(米国)

「ハラヴェン」とHalozyme Therapeutics Inc.のPEG化遺伝子組換えヒト型ヒアルロン酸分解酵素「PEGPH20」との併用による臨床試験提携契約(進行性HER2 陰性乳がんに対するファーストライン治療の臨床試験)

Helsinn Healthcare S.A.(スイス)

制吐剤「Aloxi」(一般名:パロノセトロン)の米国・カナダにおけるライセンス契約(2008年1月28日付MGIファーマ社買収に伴う承継)

HUYA Bioscience International, LLC(米国)

ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤「HBI-8000」に関する、日本、韓国、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナムおよびシンガポールにおける独占的な開発、販売に関する契約

Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., USA(米国)

抗がん剤「レンビマ」(一般名: レンバチニブ)および「ハラヴェン」(一般名:エリブリン)と、Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., USAの抗PD-1抗体「ペムブロリズマブ」との併用療法に関する研究提携契約

Novartis AG(スイス)

米国内での「レンビマ」と「エベロリムス」の進行性腎細胞がんに対する併用療法に関するNovartis Pharmaceuticals Corporation(米国)との共同販促契約

Orion Corporation(フィンランド)

乳がん治療剤「Fareston」(一般名:トレミフェン)の中国における包括的販売提携

株式会社PRISM Pharma(日本)

CBP/カテニン阻害剤「E7386」等に関する共同研究開発契約

シンバイオ製薬株式会社(日本)

  • 1.
    抗がん剤「トレアキシン/Symbenda」(一般名:ベンダムスチン)の日本における共同開発および販売に係る独占的ライセンス契約
  • 2.
    シンガポールおよび韓国の2カ国を対象とした開発・販売に係る独占的ライセンス契約

その他の領域(消化器疾患領域など)

AbbVie Deutschland GmbH & Co. KG(ドイツ)

ヒト型抗ヒトTNFαモノクローナル抗体注射剤「ヒュミラ」(一般名:アダリムマブ)の日本、台湾および韓国における開発、販売、および共同販促契約(消化器疾患領域の適応症(潰瘍性大腸炎、クローン病、腸管型ベーチェット病)については、EAファーマとアッヴィが共同プロモーションを実施)

味の素株式会社(日本)

エーザイの消化器疾患領域事業と味の素製薬株式会社の統合(吸収分割)に関する統合契約(EAファーマ株式会社を設立)

株式会社ミノファーゲン製薬(日本)

肝臓疾患用剤・アレルギー用薬「強力ネオミノファーゲンシー」(グリチルリチン酸、配合剤)および「グリチロン」(グリチルリチン酸、配合錠)のユーロアジア地域の未発売国における独占的な開発・販売権ならびに中国を含むユーロアジア地域の既販売国における独占的な販売権の優先交渉権取得のライセンス契約

筑波大学(日本)

バイオマーカーを用いた炎症性腸疾患の新薬開発において産学共同開発に合意

医薬品アクセス拡大に向けたパートナーシップ

Access Accelerated

低所得国・低中所得国における非感染性疾患の予防、治療およびケアの推進を目的としたマルチステークホルダーによるグローバルパートナーシップに参画

ブロード研究所(米国)

  • 1.
    シャーガス病およびマラリアに対する新規治療薬開発をめざす共同研究契約
  • 2.
    2016年に共同研究チームが見出した創薬ターゲットに基づく新規抗マラリア薬開発に向けて、新たな共同研究契約を締結

Drugs for Neglected Diseases initiative(DNDi)(スイス)

  • 1.
    シャーガス病および真菌性菌腫の新薬開発に関する提携およびライセンス契約
  • 2.
    リーシュマニア症とシャーガス病の新薬開発をめざしたコンソーシアム「顧みられない熱帯病に対する創薬ブースター」への参画

グローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund)(日本)

開発途上国特有の感染症の新薬創出における日本の貢献を支援する官民パートナーシップへの参画

リバプール熱帯医学校(英国)、リバプール大学(英国)

  • 1.
    ボルバキア菌阻害剤(新規フィラリア駆虫薬)創出に向けた共同研究契約
  • 2.
    新規抗マラリア薬開発に向けた共同研究契約

Macrofilaricide Drug Accelerator

フィラリア症(特に河川盲目症)の治療薬開発をめざしたパートナーシップへの参画

Medicines for Malaria Venture(MMV)(スイス)

新規抗マラリア薬開発に向けた共同研究契約

オズワルドクルス財団(ブラジル)

エーザイ創製化合物についての、マラリアおよび顧みられない熱帯病の新薬開発をめざした共同研究開発契約

ケンタッキー大学(米国)

新規抗マラリア薬開発をめざす共同研究契約

セービンワクチン研究所(米国)

シャーガス病に対する新規ワクチン開発をめざした共同研究契約

Tuberculosis Drug Accelerator(TBDA)

結核に対する革新的な創薬をめざす国際的パートナーシップへの参画

世界保健機関(WHO)(スイス)

リンパ系フィラリア症治療薬「DEC錠」(ジエチルカルバマジン)の無償提供に関する契約、およびリンパ系フィラリア症診断キットの無償提供に関するパートナーシップへの参画

世界知的所有権機関(WIPO)(スイス)

同機関が主催する、熱帯病などの新薬開発促進をめざしたコンソーシアムへの参画

サステナビリティ