米国、欧州、中国での食事を通じたhhcの取り組み

2015年8月

エーザイでは、企業理念であるhhcに基づき、患者様やご家族の皆様への貢献をめざした様々な「hhc活動」を世界各地で実施しています。その中で、食事を通じたhhc活動として、米国、欧州、中国の3つの活動事例をご紹介します。

米国:乳がん患者様のためのマグノリア食事配達プログラム

米国子会社では、2012年に乳がん患者様のご家庭に食事を配達するプログラム“Meals at Home®”を立ち上げて、実施してきました。がんでは、症状の進行や化学治療の副作用などにより、家族のための食材の買い物や食事を準備することが困難な場合があります。しかし家族と一緒に食事をすることは楽しみでもあり、家族の絆を深めるための大切な時間です。マグノリアの「家庭で食事を」プログラムは、栄養価の高い食事を、乳がん患者様のご家庭に配達することで、乳がん患者様が家族と共に時間を過ごすことができるよう支援する活動です。本プログラムは、ニューヨーク州、ニューハンプシャー州、マサチューセッツ州ボストンのみならず、ニュージャージー州ウッドクリフレイク、マサチューセッツ州アンドーバー、ノースカロライナ州ローリー・ダーラムで実施しています。

詳しくはこちら

マグノリアプログラムへの参加者からのメッセージ

欧州:がん患者様のための料理レシピ本「Around the Kitchen Table」作成

英国子会社では、2013年に現地社員が、がん患者様、栄養士、看護師の方々とともに、料理レシピ本「Around the Kitchen Table」を作成しました。本書は、社員が、がん患者支援施設を訪問した際、家庭で簡単に作れるがん患者様向けの食事の情報が少ないと知り、作成に至ったものです。がんでは、症状の進行や治療の副作用などにより、味覚障害や食欲減退などが起こることがあります。本書のレシピは、がん患者様に少しでも食事を楽しんでいただけるよう、盛り付けや風味、栄養バランスを工夫した内容となっています。

がん患者様のための料理レシピ本「Around the Kitchen Table」

中国:健康料理レシピ本「養生 健康食譜」作成

中国子会社では、2014年に現地社員が漢方専門医とともに健康維持のための料理レシピ本「養生 健康食譜」を作成しました。本書は、社員が身体などに障害を持つ方々との交流を通じて、冬季の健康維持法に高い関心があることや、健康的な食事を用意できるようになりたいと願っていることを知り、作成に至ったものです。障害を持つ方々は、移動範囲が限られており、制約された環境の中では健康維持のための知識を得る機会や、自分で健康的な食事を準備する機会も少なく、冬季はその傾向が顕著です。本書は、現地全社員から健康的な料理レシピのアイデアを募り、その中から漢方専門医が厳選したもので、どれも簡単に作れて毎日の食生活向上に役立つよう考えた内容となっています。

健康料理レシピ本「養生 健康食譜」