患者様の“声”を直接聞ける組織

2009年4月

エーザイの社員は、常に企業理念に基づき行動しています。

それぞれの業務とその業務にこめたhhcへの想いを語ってもらいました。

顧客価値情報センター(お客様ホットライン)
春木 茂

1.あなたの具体的な業務内容を紹介してください。

患者様及びそのご家族、医療機関(医師・薬剤師)、代理店などから寄せられる、当社製品に関するご質問にお答えしています。

お客様ホットラインでは、平日は9:00-18:00、土・日・祝日は09:00-17:00、年中無休でご質問をお受けしています。

2.日常業務を行っていくうえでの心構え、モットーをお聞かせください。

常に患者様に対して当社製品が適正に使用されることを念頭に置いています。患者様やそのご家族、または医療機関からのお問い合わせに直接接し、安全性・有用性等の医薬品情報の提供を心がけています。

3.あなたが業務の中でhhcを実感するのは、どんな時、どんな場面ですか。

患者様の喜怒哀楽に触れ、当社製品に対する問題を解決できたときです。

お客様ホットラインに問い合わせてこられる患者様やそのご家族は、薬に対する不安や疑問をもたれています。その声を真摯に受け止め、問題を解決してご納得いただき、安心していただけた時に、hhcを実感します。

4.今後、hhc実現をめざして、どのように業務に取り組んでいきますか。

今後も、患者様やそのご家族の声を直接聞くことのできる組織として、患者様・そのご家族の想いを、患者様とそのご家族の代弁者として社内の各組織にお伝えしていきます。また、お客様の声を通じて当社製品の改善点を見出し、提案していきます。これからも『hhcの伝導師』として患者様の声を社内に反映させていきます。

(環境・社会報告書2008に掲載された記事を元に、再編集して掲載しております。)