ビジネスパートナーのための行動指針

エーザイは、企業理念の実現のために、法令と倫理を遵守し、持続可能な経済成長と社会的課題の解決に資する事業活動を展開しており、この活動の指針となる企業行動憲章や行動指針を整備しています。同様に、ビジネス・パートナーに期待する行動の指針をここに定めます。
 
この「ビジネス・パートナーのための行動指針」(以下、「行動指針」といいます)は、エーザイのすべての取引先とその従業員、請負業者、代理店、サプライヤー、ベンダー、その他取引先の委託を受けて活動する国内外のすべての事業者(「ビジネス・パートナー」といいます)に適用します。
 
エーザイは、国連グローバル・コンパクト(UNGC)に署名し、現代奴隷反対を含む、人権、労働、環境、腐敗防止から構成される原則を支持しています。この行動指針はまた、世界各国のグローバル製薬企業で構成される非営利団体Pharmaceutical Supply Chain Initiative(PSCI)が策定するPSCI principles(PSCI原則)にも一致しています。
 
エーザイはビジネス・パートナーに対して、この行動指針に定める事項を満たすことを期待します。加えて、この行動指針に記載された事項について、評価や監査、問題の改善への協力を求めていきます。ビジネス・パートナーの企業価値の向上につながる継続的な改善を通して、この行動指針がより実践的なものになることを期待しています。

1. 法令の遵守

適用される法令、規制、基準を遵守してください。

2. 倫理

倫理的に事業を行い誠実に行動してください。

2.1. 贈収賄および汚職防止

一切の贈収賄、汚職、強要、横領は禁止されています(ファシリテーションペイメントを含む)。業務や政府との関係において、あるいは仲介業者を通じて、賄賂の支払いや受け取り、その他の違法な勧誘行為に関与してはなりません。汚職を防止し、適用される法律を遵守するための適切なプロセスを持つことが求められます。

2.2. 公正な競争

公正かつ活発な競争に則り、適用されるすべての競争法を遵守した事業活動を行ってください。正確で誠実な広告をするなどの公正な事業活動を採用しなければなりません。

2.3. 動物福祉

動物を使う場合は、痛みとストレスを最小限に抑えて大切に取り扱ってください。動物実験は、動物を使用しない代替方法、使用する動物数の削減、または苦痛を最小限に抑える手順を検討した後に実施してください。科学的に妥当であり規制当局に容認された場合には、代替法を使用してください。

2.4. データ・プライバシーとセキュリティ

プライバシーおよびデータ保護法を遵守し、個人情報の保護、セキュリティ、および合法的な使用を確保しなければなりません。

2.5. 患者様の安全と情報へのアクセス

患者様の健康に対する権利、および自身の情報に直接アクセスする等の権利に悪影響を及ぼすリスクを、最小限に抑えるための適切な管理体制を整備してください。

2.6. 利益相反

利益相反を回避し、管理するための適切な対策を行ってください。重大な利益相反が生じた場合に、あるいはその可能性がある場合には、影響を受ける全ての当事者に通知してください。

3. 人権・労働

従業員の人権と雇用の権利を守り、尊厳と敬意をもって処遇してください。

3.1. 強制労働の禁止

強制労働、奴隷労働、年季奉公労働、自主的でない囚人労働を利用してはなりません。仕事を得るために金銭を支払わせたり、移動を制限してはなりません。

3.2. 児童労働と若年労働者

児童労働を許容しないでください。18歳未満の若年労働者を雇用する場合は、危険を伴わない業務の範囲内で、国の法定年齢以上または義務教育終了年齢に達している場合に限ってください。

3.3. 差別の禁止

嫌がらせや差別のない職場を提供してください。人種、肌の色、年齢、妊娠の有無、性別、性的指向、民族、障害、宗教、政党への加盟、労働組合員や配偶者の有無などによる差別は容認しません。

3.4. 公正な処遇

従業員のセクシュアル・ハラスメント、性的虐待、体罰、精神的身体的強要、または言葉による虐待を含むハラスメント、厳しい待遇、および非人道的な扱いがなく、こういった扱いを受ける恐れのない職場を提供してください。

3.5. 賃金、手当、労働時間

適用される賃金関連法に従い、最低賃金、残業手当および法定給付を従業員に支払ってください。
従業員に支払われる報酬の基準について、適時、従業員と話し合ってください。また、時間外労働の必要性や支払うべき賃金について、従業員と話し合ってください。時間外労働は、適用される国内および国際基準との整合をとらなければなりません。

3.6. 結社の自由

従業員とオープンなコミュニケーションをはかり、直接取り決めを行うことで、職場や報酬の問題を解決するように努めてください。
結社の自由、労働組合への加入や不加入、代表者の選出、従業員協議会への参加など、現地法に規定されている従業員の権利を尊重してください。従業員が労働条件について、報復、脅迫、またはハラスメントを受けることなく、経営陣とオープンに対話ができるようにしなければなりません。

4. 健康と安全

職場および会社が提供する住居は、安全で衛生的な環境を提供してください。安全衛生対策は、取引先の現場の請負業者や再委託業者の現場にまで広げる必要があります。

4.1. 従業員の保護

職場や会社が提供する住居で、化学物質、生物学的、物理的な危険、および身体的に厳しい作業にさらされることから従業員を保護してください。適切に清掃を行い、従業員に飲料水へのアクセスを提供しなければなりません。

4.2. プロセスの安全性

化学反応および生体内反応によるリスクを特定し、重大な被害を及ぼすような化学物質または生物由来物質の漏出を防止し対処するための管理プロセスを整備してください。

4.3. 緊急事態への準備及び対応

職場および会社が提供する住居における緊急事態を特定・評価し、緊急事態に備えた計画を立て、対応手順を実施することにより、その影響を最小限に抑えてください。

4.4. 危険情報

従業員を危険から守るため、医薬品や医薬品の中間体を含む有害物質に関する安全情報を提供し、従業員を教育しなければなりません。

5. 環境

環境への悪影響を最小限にとどめるため、環境に配慮した効果的な方法で事業活動を行ってください。天然資源を保全し、できる限り有害物質の使用を避け、再利用・リサイクルすることを推奨します。

5.1. 環境認可および報告

適用されるすべての環境規制を遵守してください。要求されるすべての環境関連の許可、ライセンス、情報登録および制約条件を取得し、それらの運用および報告の要件に従ってください。

5.2. 廃棄物と排出量

廃棄物の安全な取り扱い、移動、保管、廃棄、リサイクル、再使用、大気への排出や排水処理の管理を確実に行うためのプロセスを整備してください。人の健康や環境に悪影響を及ぼす可能性がある廃棄物、排水、大気排出物は、環境に放出する前に適切に管理、制御、処理しなければなりません。これには、医薬品活性成分の環境への放出管理が含まれます。

5.3. 流出・放出

環境への不測の流出や放出、および地域社会への悪影響を防止、低減するためのしくみを整備してください。

5.4. 資源利用

資源の利用効率を高め、消費を削減するための対策を講じてください。

5.5. 持続可能な資源とトレーサビリティ

合法的かつ持続可能な調達を促進するために、重要原材料の供給源についてデュー・デリジェンスを実施してください。

6. マネジメントシステム

事業の継続性を維持し、継続的な改善を促進し、この行動指針の期待に応えるために、マネジメントシステムを活用してください。

6.1. コミットメントおよび責任

適切な資源配分を行い、上級責任者を明確にすることにより、この行動指針に記載されている事項に対するコミットメントを示してください。

6.2. リスク管理

この行動指針が対象とする分野において、リスクを把握し管理する仕組みを構築してください。

6.3. 文書化

この行動指針に適合していること、および適用される規制を遵守していることを証明するために必要な文書を維持管理してください。

6.4. トレーニングと適格性

経営陣と従業員が、この行動指針に応えることができるように、知識、スキル、および能力に適切なレベルに達するための研修プログラムを工夫し実施してください。

6.5. 継続的な改善

目標を設定し、計画を実行し、社内外の評価、査察、およびマネジメントレビューによって特定された不備に対して必要な是正措置を講じることにより、継続的な改善を行ってください。

6.6. 懸念事項の特定

すべての従業員が、実際の報復、脅迫や嫌がらせを受けることなく、職場における違法な活動あるいはこの行動指針の違反を通報できるようにしなければなりません。必要に応じて調査を行い、是正措置を講じてください。

6.7. コミュニケーション

この行動指針を従業員、請負業者および取引先に伝達するための効果的なシステムを整備してください。

  

2020年8月21日
エーザイ株式会社
チーフコンプライアンスオフィサー
田中 光明

サステナビリティ