サイコオンコロジストと行く水族館ツアー(ドイツ)

2013年3月

がんの患者様とご家族にとって、精神面でのサポートは、身体的な治療と同様に非常に重要です。なかでも、がん患者様の心のケアを行う専門家であるサイコオンコロジスト(精神腫瘍医)による心のケアは、がん患者様やご家族の生活の質を大きく向上することができるとされています。ところが、多くの場合、がん患者様とご家族は不安を持ちながらも、個人的な問題を外部の専門家に相談することが、なかなかできずに悩んでいるというのが現状です。ドイツのエーザイ社員は、がんで亡くなった親しい友人が、苦悩の末、闘病生活の最後になってようやくサイコオンコロジストのサポートを得て救われた経験を聞き、2つのクリニックと連携して、乳がん患者様とその家族がサイコオンコロジストとともに水族館へ行くツアーを企画しました。

ドイツではサイコオンコロジストのアドバイスが得られる病院は多いものの、多くの患者様はサイコオンコロジーのサポートを求めることに消極的です。恥ずかしいと感じてしまうか、当初は自分自身で対処できると考える患者様が多いのです。

今回のツアーの目的は、サイコオンコロジストへの相談のハードルを下げ、患者様自身の不安やうつなどの精神関連症状にすばやく対応するとともに、ご家族の悩みに対処することで、患者様とそのご家族が乳がんとともに生きるためのサポートを行うことです。乳がん患者様は、お子さんを持つ母親であることも多いですが、患者様本人以上に、子どもたちががんという新たな脅威に圧倒され、サポートを必要とすることもあります。

2012年10月、第1回目のツアーがミュンヘンで実施され、数組の転移性乳がん患者様とそのお子さんが、本活動に賛同してくれたクリニックに所属するサイコオンコロジストの付き添いのもと、シーライフ・アクアズーという水族館で1日を過ごしました。多くの種類の魚やサンゴなど水中の生き物が穏やかでリラックスできる楽しい環境を提供してくれるため、率直な会話を促す信頼が醸成されました。

ツアーに参加された患者様とご家族

今回のツアーでは、サイコオンコロジストとの相談に加え、患者様同士が様々な悩みを共有することもできました。

当社は今後もこのようなツアーを通じて、乳がん患者様とご家族の生活の質を少しでも改善し、患者様とそのご家族が乳がんと共に生きるためのサポートを行っていきたいと考えます。