「患者様と共に」を原点に~「hhc Initiative 2010」の開催

2010年8月

hhc理念の実現に向けた活動や社内公募論文などから特に優秀なイノベーション活動を表彰する「hhc Initiative 2010」が、7月23日にエーザイ本社(東京)で開催され、受賞者とともに当社の各国のトップマネジメント約130名が参加しました。

今回受賞した17テーマの活動は、いずれも患者様とそのご家族、生活者へのベネフィット向上に向けた想いから、社員が真摯に取り組んだ事例です。

受賞者の皆さん

また、若年性認知症ご本人とその奥様、認知症介護研究・研修東京センターの永田久美子先生をお招きし、「認知症の本人と家族が安心して暮らせるまちづくり~本人の声に耳を澄ませて~」と題してご講演いただきました。ご本人とそのご家族からは、発症から現在に至るまでの心情の変化や、認知症の方々への支援のあり方を、また、永田先生からは、自分らしく暮らし続けることの重要性をご紹介いただきました。

トークセッションの様子

今回の発表や公演から、患者様と共に過ごすことが患者様の視点に立った活動の原点であると理解を深めることができました。

患者様とそのご家族、生活者の皆様のベネフィット向上により一層尽力するため、国内外の社員のhhc理念の実現に向けた活動を加速していきます。