現場を知ることの意義 病院での医療現場体験研修

2009年9月

当社では、製薬企業の一員として、今日の医療・介護の実態を体感し、患者様の視点で考え行動できるhhcマインドを醸成するための様々な医療現場体験研修を開催しています。

8月に実施した医療現場体験研修は、脳・神経・運動器疾患の専門病院で行われました。この病院では、患者様の目線に立った医療を提供し、医療サービスの品質を高めるための経営理念を推進されています。

研修のプログラムは、院長の講演「経営理念でオンリーワン病院を目指して」に始まり、医療現場の第一線で働く医療スタッフの方々からの講義、最新医療機器の見学、リハビリテーション体験、病院関係者の方々との意見交換といった医療現場をリアルに体感できるように構成されています。

最新医療機器の見学
リハビリ体験

この研修に参加した受講者からは、「病院のスタッフ方一人ひとりが魅力的で生き生きしていた。そうでなければ、患者様に満足を感じていただくことはできないし、とても大事なことであると実感した」、「患者様を中心とした『喜びを共有する』ために『クスリを創る』ことが、エーザイの目的と方法であり、それを達成する責任が我々にあると気づいた」など、当病院の経営理念に基づく姿勢に刺激と共感を受け、hhcの重要さを再認識した多くの感想が寄せられています。

エーザイでは、今後もこのような現場体験研修を通じ、社員一人ひとりが、医療の現場を知り、日々の業務の役割や責任を深く認識できればと考えています。