リンパ系フィラリア症治療薬DEC錠の無償提供を開始インド・バイザッグの自社工場から初出荷

  • シェア
  • ツイート
  • シェア
  • ツイート

2013年11月18日掲載

エーザイは、自社製のリンパ系フィラリア症治療薬「ジエチルカルバマジンクエン酸塩(略称:DEC)100mg錠」の世界保健機関(以下WHO)への無償提供を2013年10月より開始しました。DEC錠はWHOの集団投薬プログラムを通して、リンパ系フィラリア症蔓延国26カ国でリスクにさらされている2.5億人の人々に向けて、7年間にわたって継続的に提供されます。

現在、治療薬の一つである高品質なDEC錠が蔓延国で入手が困難な状況にあり、リンパ系フィラリア症制圧に向けて大きな障害となっています。エーザイは、2010年11月のWHOとの調印のもと、当疾患の制圧を目的としてDEC錠を自社で開発し、WHOの事前認定取得を経て、製造と出荷にいたりました。初出荷先は、大洋州のパプアニューギニア、キリバス、ツバル、フィジーの4カ国となります。これらの国々では約625万人の人々が感染リスクにさらされており、集団投薬プログラムの対象となっています。

DEC錠の包装ボトルおよび錠剤
  • WHO Preventive Chemotherapy and Transmission Control (PCT) Databank(2012年現在)
DEC錠初出荷のセレモニー(インド・バイザッグ工場)2013年10月25日

サステナビリティ

関連リンク