「AMR(薬剤耐性菌)アクションファンド」設立に参画大手製薬企業20社以上と協力し、2030年までに2~4剤の新規抗菌薬の創出をめざす

  • シェア
  • ツイート
  • シェア
  • ツイート

2020年7月10日掲載

 新規抗菌薬の開発を支援するため、エーザイを含む20社以上の大手製薬企業が協力し、新たな「AMR(薬剤耐性菌)アクションファンド」を設立しました。「AMRアクションファンド」は、AMR対策に取り組む過去最大規模の共同プロジェクトであり、最も耐性が強い細菌や生命を脅かす感染症に対する革新的な抗生剤の臨床研究を支援するために10億米ドル近くの支援を行い、2030年までに2~4剤の新規の抗菌薬を創出することをめざしています。

 AMRは今や世界的な公衆衛生上の大きな課題となっています。現在、全世界で年間70万人以上もの命がAMRによって奪われています。このまま対策が取られなければ、AMRに起因する死亡者数は、2050年までに世界で年間1,000万人になると推定されています。
   AMRは社会に甚大な被害をもたらすにもかかわらず、新規の抗菌薬は持続的な収益が見込まれないため、研究開発、特に後期臨床研究のための資金が不足しています。そのため、創薬と患者様アクセスとの間にデスバレー(死の谷)が生じています。

 このような課題を解決するために、「AMRアクションファンド」は慈善団体・開発銀行・国際機関とパートナーシップを構築し、抗菌薬の開発を強化・加速させていきます。具体的には、新規の抗菌薬の開発に取り組んでいる小規模のバイオ企業等に資金的・技術的なサポートを行い、大手製薬企業が持つ専門知識やリソースを活用できる機会を提供します。また、抗菌薬への持続的な投資が可能となる市場環境の実現に向けて関係者に働きかけ、抗菌薬が必要とする患者様に届く環境整備に取り組みます。

 エーザイは、顧みられない熱帯病(NTDs)の一つであるリンパ系フィラリア症の治療薬を世界保健機関(WHO)を通じて蔓延国に無償提供するとともに、日本政府や他の製薬企業と共に設立したグローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund)を活用し、NTDsやマラリアの治療薬開発に積極的に取り組んでいます。また、抗菌薬の開発と持続可能なアクセスの担保をめざすパートナーシップであるGARDP (Global Antibiotic Research and Development Partnership)に2018年12月に参画し、当社の最新の化合物ライブラリーから、これまでに抗菌活性スクリーニングが行われていない化合物を提供してきました。今回の「AMRアクションファンド」への参画を通して、公衆衛生に引き続き貢献していきます。

 

※AMRアクションファンドの設立についてのニュースリリースはこちら:
http://www.jpma.or.jp/event_media/release/news2020/200710.html

サステナビリティ

関連リンク