ここから本文です

ニュースリリース

(2005年9月1日)

アルツハイマー型痴呆治療剤「アリセプト」、
高度アルツハイマー型痴呆の効能・効果の追加申請をFDAに提出


 エーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫)の米国臨床研究子会社エーザイ・メディカル・リサーチ・インク(本社:ニュージャージー州、社長:ミンデル・サイドリン)は、8月31日(米国時間)、FDA(米国食品医薬品局)にアルツハイマー型痴呆治療剤「アリセプト」について、高度アルツハイマー型痴呆の効能・効果の追加申請を提出しました。

 今回の追加申請データの内容は、複数のナーシングホームにおける高度アルツハイマー型痴呆の患者様250名を対象に、プラセボを対照とした無作為化二重盲検試験を6カ月間実施した結果に基づくものです。この試験結果において、「アリセプト」投与群は、プラセボ投与群と比較して、認知機能、日常生活動作(ADL:Activities of Daily Living)において有意な効果を示しました。

 「アリセプト」は、エーザイが独自に合成したアセチルコリンエステラーゼ阻害剤で、神経伝達物質である脳内アセチルコリン濃度を高める作用を持つ、軽度および中等度のアルツハイマー型痴呆治療剤です。米国におけるアルツハイマー病の患者様は、450万人といわれており、65歳以上では10人に1人、85歳以上では約半数といわれています。今回の申請により、「アリセプト」は、米国において軽度から高度までアルツハイマー型痴呆の全ての患者様に投与できる、初めての治療剤を目指してまいります。

 「アリセプト」は現在、世界76カ国で販売されており、今年度の売上は1,850億円を見込んでおります。
以上