ここから本文です

コーポレートガバナンス

 当社は、企業理念を定款に定め、株主の皆様と共有化をはかっております。この企業理念を実現していくためには、長期的な視野のもと企業施策を実行していかねばなりません。そのような企業施策の実行は、株主の皆様の信頼があって初めて可能となります。当社は、コーポレートガバナンスを充実させ、株主の皆様の信頼を獲得し、株主の皆様に当社の株式を安心して長期に所有していただくことをめざしております。
 コーポレートガバナンス充実のための要諦は、経営の活力が増大し、かつ経営の公正性が確保されるとともに経営の透明性が向上するシステムを整備していくことにあります。当社では、2004年6月に委員会設置会社へ移行するなど、コーポレートガバナンスに関して継続的な充実をはかってまいりました。
 当社のコーポレートガバナンスの機軸は、委員会設置会社であることを最大限に活用した経営の監督機能と業務執行機能の明確な分離であり、それを徹底するための独立性・中立性のある社外取締役の選任にあります。すなわち、取締役会から執行役への大幅な意思決定の委任をすることにより、業務執行の機動性と柔軟性を高めつつ、同時に執行役による内部統制の構築による自律性を確保して、経営の活力を増大させるとともに、執行役による業務執行全般を株主の皆様の信任を得た取締役会(社外取締役が過半数)が監督し、最善の意思決定を行うことにより経営の公正性を確保しております。

 当社のコーポレートガバナンスシステムを図示すると以下のとおりです。

コーポレートガバナンスシステム図 取締役会とは 指名委員会とは 監査委員会とは 報酬委員会とは

当社のコーポレートガバナンスシステムの基本的な考え方

 当社は、株主の皆様の権利を尊重し、経営の公正性・透明性を確保するとともに、経営の活力を増大させることがコーポレートガバナンスの要諦であると考え、次の基本的な考え方に沿って、コーポレートガバナンスの充実を実現してまいります。

  1. 1.株主の皆様との関係性
    1. (1)株主の皆様の権利を尊重する。
    2. (2)株主の皆様の平等性を確保する。
    3. (3)株主の皆様を含む当社のステークホルダーズとの良好・円滑な関係を構築する。
    4. (4)会社情報を適切に開示し、透明性を確保する。
  2. 2.コーポレートガバナンスの体制とその機能
    1. (1)当社は委員会設置会社とする。
    2. (2)取締役会は、法令の許す範囲で業務執行の意思決定を執行役に大幅に委任し、経営の監督機能を発揮する。
    3. (3)取締役会の過半数は、独立性・中立性のある社外取締役とする。
    4. (4)執行役を兼任する取締役は、代表執行役CEO1名のみとする。
    5. (5)経営の監督機能を明確にするため、取締役会の議長と代表執行役CEOとを分離する。
    6. (6)指名委員会および報酬委員会の委員は、
      全員を社外取締役とし、監査委員会の委員は、その過半数を社外取締役とする。
    7. (7)指名委員会、監査委員会および報酬委員会の各委員長は社外取締役とする。
    8. (8)財務報告の信頼性確保をはじめとした内部統制の体制を充実する。

 このような考え方に基づき、当社では最良のコーポレートガバナンスを実現するためのシステムについて定めたコーポレートガバナンスガイドラインを取締役会で制定し、公表するとともに、適宜その内容を見直し、これを厳格に運用しております。