ここから本文です

ニュースリリース

(2005年1月18日)

エーザイ美里工場 パリエット/アシフェックスの新製剤棟竣工


 エーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫)は、1月18日、美里工場(埼玉県)において新製剤棟(N1棟)の竣工式を行いました。
N1棟は、国内外で拡大するプロトンポンプ阻害型抗潰瘍剤「パリエット/アシフェックス」の需要増に対応するとともに、生産能力の向上による製造原価の低減*1を可能とします。併せて、包装機能をN1棟に移設するとともに、年々厳格化するGMPへの対応も強化しました。
労働衛生面では、化学物質によるケミカルハザード(人体や環境への影響)から作業者を守ることを主眼においた設備を取り入れるとともに、環境保全面でも省エネルギーに十分に配慮した様々な新設備*2を導入しました。

当社は、「パリエット」を日本において1997年より、米国では「アシフェックス」の商品名にて1999年より販売を開始しています。現在、世界72カ国で販売しています。
今回のN1棟の竣工により、美里工場はグローバルに拡大する「パリエット/アシフェックス」の需要に対応するエーザイの基幹工場となります。
当社は、創業以来継続して消化器領域の治療薬を創出しており、酸関連疾患市場において一層の貢献を目指してまいります。
以上

 *1:
製造原価の低減
大型コーティング装置導入によるロットサイズの拡大により、製造コスト、検査コストの低減とリードタイムの短縮を図ります。
 *2:
新設備
氷蓄熱システム、空調エリアの細分化(空調負荷の低減)、外気冷房システム、高効率モーター、インバーター照明器具、窓の少ない外壁などを採用しました。

[ 参考資料として、N1棟、美里工場の概要および新製剤棟の写真を添付しております ]



< 参考資料 >

【N1棟の概要】
生産品目 パリエット/アシフェックス
総工費 43億円(建物:35億円、生産設備その他:8億円)
外形 鉄筋5階建(縦42.0メートルm、横77.5m、高さ25.12m)
延床面積 12,154 平方メートル
建築面積  3,527 平方メートル
建設スケジュール :
着工 2004年2月10日
竣工 2005年1月18日
稼動 2005年3月下旬
設計・施行業者 : 大成建設株式会社

【N1棟の収容機能】

収容機能
5 F 機械室(空調機械、発電機械他)
4 F (管理室、会議室、更衣室他)
3 F 製剤工室(仕込、打錠、コーティング、洗浄室他)
2 F (管理室、会議室、更衣室他)
1 F 包装工室(PTPライン、小包装ライン)

*構造上は5階建てですが、2F、4Fは中二階構造になっています。

【美里工場概要】
所在地 埼玉県児玉郡美里町大字広木950
工場長 金子 俊雄
従業員数 約500名(2004年9月末)
敷地面積 17万平方メートル
建築面積 34,900平方メートル、緑地面積 52,800平方メートル、環境施設・道路等 82,300平方メートル
事業内容 パリエット/アシフェックスの製剤生産(世界への供給)。メチコバールなど国内医療用医薬品の生産、チョコラBBなど一般用医薬品の生産
工場のコンセプト : Customer-Oriented Factory (顧客志向型工場)

新製剤棟(N1棟)写真
美里工場 N1棟