ここから本文です

ニュースリリース

(2004年6月18日)

肝細胞がん診断補助マーカーPIVKA-II測定試薬
「ルミパルスPIVKA-II エーザイ」を新発売


三光純薬株式会社 
富士レビオ株式会社 
エーザイ株式会社 

 三光純薬株式会社(本社:東京都、社長:神保正男)は、富士レビオ株式会社(本社:東京都、社長:鈴木博正)が販売する全自動化学発光酵素免疫測定システムである「ルミパルス」で測定可能な、肝細胞がん診断補助マーカーPIVKA-II測定試薬「ルミパルスPIVKA-II エーザイ」を、8月3日に新発売します。

 本試薬は、三光純薬、富士レビオ、エーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫)の3社による共同開発契約に基づき開発し、製造承認を取得しました。このたび、製造供給契約ならびに販売協力契約に基づき、富士レビオが製造を行い、三光純薬が販売し、エーザイは販売提携をします。

 PIVKA-II測定試薬は、肝細胞がんに特異性の高い腫瘍マーカーとして広く使用されています。現在、三光純薬は、PIVKA-II測定試薬の「エイテスト PIVKA-II」「ピコルミPIVKA-II」を製造・販売していますが、これらに続き、今回PIVKA-II測定試薬として「ルミパルス」用を販売することにより、PIVKA-II測定の利便性を高め、患者様のベネフィット向上により一層貢献できるものと考えています。

 なお、本試薬の三光純薬の売上高は、2006年度に約7億円を予定しています。

以上

[本件に関するお問い合わせ先 ]

三光純薬株式会社
総務部 仁科
Tel : 03-3865-4311
富士レビオ株式会社
IR広報推進チーム
Tel : 03-5695-9268
エーザイ株式会社
 コーポレートコミュニケーション部
Tel : 03-3817-5120


[ 参考資料として主な製品概要、用語解説、各社概要を添付しております ]


<参考資料>

■主な製品概要
製品名ルミパルスPIVKA-II エーザイ
効能効果(使用目的)血清中の異常プロトロンビン(PIVKA-II)の測定
用法用量ルミパルスf専用試薬
包装84テスト用
希望納入価142,800円
製造元富士レビオ株式会社
販売元三光純薬株式会社
販売提携エーザイ株式会社
※別売品
製品名標準PIVKA-IIセット
用法用量ルミパルスf専用試薬
包装5濃度×3
希望納入価22,000円
製造元富士レビオ株式会社
販売元三光純薬株式会社
販売提携エーザイ株式会社


■用語解説
1.全自動化学発光酵素免疫測定システム

化学発光基質を用いた酵素免疫測定法(CLEIA:chemiluminescent enzyme immunoassay)で、その測定システムを全自動化したものです。酵素を使用した化学発光法により体内の微量物質を測定します。

2.肝細胞がん

肝がんのほとんどは肝細胞がんであり、日本における悪性腫瘍死亡数の中で第4位の疾患です。肝細胞がんの症例の多くがウイルス性の慢性肝炎、肝硬変を経て発症することから、これらの患者様のきめ細かい経過観察により早期診断・早期治療が可能となります。

3.PIVKA-II

ビタミンK欠乏により生じる異常な血液凝固第II因子(プロトロンビン)で、1984年に肝細胞がん患者の血中に高率に出現することが報告されて以来、肝細胞がんの腫瘍マーカーとして認知され、広く日常の診療で測定されるようになりました。

4.腫瘍マーカー

腫瘍があると体内の濃度が上昇し、腫瘍の有無の指標となるものです。


■各社の概要

《三光純薬株式会社》
代表者神保正男
本店所在地東京都千代田区岩本町一丁目10番6号
事業内容臨床検査薬、研究用試薬、医療用機械器具等の製造、販売、輸入
資本金52億62百万円[平成16年3月31日現在](エーザイ50.59%出資)

《富士レビオ株式会社》
代表者鈴木博正
本店所在地東京都中央区日本橋浜町2丁目62番5号
事業内容臨床検査薬、検査用機器機材等の製造、販売、輸入、輸出
資本金39億66百万円[平成15年12月31日現在]

《エーザイ株式会社》
代表者内藤晴夫
本店所在地東京都文京区小石川4丁目6番10号
事業内容医薬品、医薬部外品、製薬用機器・装置等の製造、販売、輸出
資本金449億85百万円[平成16年3月31日現在]