ここから本文です

ニュースリリース

(2003年8月19日)

メコバラミン(活性型ビタミンB12)主剤「ナボリンS」新発売


 エーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫)は、メコバラミン(活性型ビタミンB12)主剤「ナボリンS」を8月20日、新発売いたします。


 「ナボリンS」は、キズついた末梢神経を修復するメコバラミン(活性型ビタミンB12)に葉酸を新配合して、末梢神経修復作用を強化し、今回新たに眼精疲労の効能も取得いたしました。「ナボリンS」は、血行不良を改善するビタミンE、エネルギーを供給して筋肉の障害を改善するビタミンB1、アミノ酸代謝障害による末梢神経炎を改善するビタミンB6も配合しております。このような複数の成分の働きにより、神経・血行・筋肉のそれぞれに効果を発揮し、腰痛、肩こり、眼精疲労を緩和いたします。


 目の疲れは、テレビやパソコン画面の見すぎなどが原因で、目の神経に過度な負担をかけることで起こることがあります。当社の調査によると、腰痛、肩こりにお悩みの方の6割以上が、目の疲れもあると回答されています。「ナボリンS」は、このような悩みをお持ちの方に応える製品です。


 今年度、ナボリンシリーズ(ナボリン、ナボリンEB錠、ナボリンS)の売上高は15億円を見込んでおります。



ナボリンS

●製品の概要をご覧いただけます●



■製品に関するお問い合わせ先

 エーザイ株式会社 お客様ホットライン室
 フリーダイヤル:0120-161-454
 (平日9:00~18:00、土・日・祝日9:00~17:00)