ここから本文です

ニュースリリース

(2003年5月26日)

血栓溶解剤「クリアクター」、急性肺塞栓症の効能・効果追加を申請


 エーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫)は、5月26日血栓溶解剤「クリアクター」(一般名:モンテプラーゼ(遺伝子組換え))について、急性肺塞栓症の効能・効果追加を厚生労働省へ申請しました。


 「クリアクター」の急性肺塞栓症の効能・効果については、1998年3月にオーファンドラッグ(希少疾病用医薬品)の指定を受けています。急性肺塞栓症の効能・効果を持つ初めてのt-PA(組織プラスミノーゲンアクチベーター)製剤として期待しています。


 「クリアクター」は、当社が独自に遺伝子組換えにより開発した、第二世代のt-PA製剤で、血漿中の消失半減期が20分以上と長く、約2分の単回静脈内投与で使用することができます。「クリアクター」は、1998年6月より急性心筋梗塞における冠動脈血栓の溶解(発症後6時間以内)を効能・効果として販売しており、2002年度の売上高は約9億円です。


以 上