ここから本文です

ニュースリリース

(2005年10月28日) 印刷用(PDF 44KB)

ワクチン アジュバント「E6020」をサノフィ・パスツール社に導出


 エーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫)は、10月24日、サノフィ・パスツール社(本社:フランス リヨン市、社長:デビッド・J・ウィリアムス)と、エーザイが創製したE6020をワクチンの免疫効果を高めるアジュバントとして導出する契約を締結しました。

 本契約の締結により、エーザイはサノフィ・パスツール社に、全世界を対象にE6020を複数のワクチンのアジュバントとして使用する非独占実施権を供与することになります。サノフィ・パスツール社はエーザイよりE6020の供給を受け、本アジュバントを利用した製品の開発研究を実施します。
 なお、本契約に伴い、エーザイはサノフィ・パスツール社より契約一時金を、また将来、マイルストンペイメント、ロイヤルティ支払いを受け取ることになります。

 E6020は、エーザイのボストン研究所が創製した化合物で、免疫機能を担う受容体であるTLR4(Toll-like receptor 4)を介して生体の免疫機構を活性化する作用を有します。E6020は、広範なワクチンに応用することができ、ワクチンの有効性を高めることが期待されています。

 サノフィ・パスツール社は、バクテリアやウィルスなどに対する広範なワクチンの開発・提供を専門とする製薬企業です。今後、ワクチンに対する世界的レベルでのニーズが高まる中、当社は、E6020によってワクチン療法に新たな貢献ができることを期待しています。
(以上)


[参考資料として用語解説を添付しております]


<参考資料>

【用語解説】

◇アジュバント (adjuvant:免疫増強剤)
ワクチンの免疫効果を高める物質です。アジュバントには本来「助ける」という意味があり、抗原と混合または組み合わせることにより、抗体産生の増大、免疫応答の増強を起す物質の総称です。ワクチンに添加して使われます。
◇TLR4 (Toll-like receptor 4)
TLRは免疫機構を担う受容体で、細菌などの病原体成分などを認識します。現在10種類以上のTLRが報告されており、TLR4はエンドトキシン(内毒素)を認識する受容体として知られています。