ここから本文です

ニュースリリース

(2003年1月14日)

米国子会社エーザイ・インク、MRを60%増員


 エーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫)の米国子会社エーザイ・インク(本社:ニュージャージー州、会長:松野聰一)は、本年MR(医薬情報担当者)を150名増員し、米国内の販売力を強化します。このたびの増員は今後2年間でMRを現在の250名から500名以上にする計画の一部です。


 これらの増員により、「アリセプト」の主要な処方医に対する一層の訪宣活動の強化や、「アシフェックス」のPPI市場におけるシェア・オブ・ボイス*向上をはかります。また、より市場に密着した区割りでの営業組織の展開や、営業間接費の効率化が期待されます。


 エーザイ・インクは、研究開発から生産、販売、プロモーション、物流に至る一貫した機能を有しています。2001年度に売上が10億ドルを越す企業に成長しました。なお、同社はアルツハイマー型痴呆治療剤「アリセプト」およびプロトンポンプ阻害型抗潰瘍剤「アシフェックス」を、それぞれのパートナーであるファイザー社およびヤンセン社のプロモーション支援を受けて、自社販売しています。


  * : MRによる医薬情報提供量のシェア


以 上