ここから本文です

ニュースリリース

(2002年10月24日)

エーザイ株式会社とニューロジェネティクス社が
アルツハイマー型痴呆関連新規遺伝子探索プログラムの提携に関する契約を締結


エーザイ株式会社
ニューロジェネティクス社

 エーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫)とニューロジェネティクス社(本社:米国カリフォルニア州ラホヤ、社長:ニール・クーツ)は、有用なターゲットを確立し、神経領域の新製品開発を促進するため、LOAD (Late Onset Alzheimer's Disease:遅発性アルツハイマー型痴呆) の原因遺伝子発見に焦点を当てた研究契約を締結しました。


 エーザイは、ニューロジェネティクス社に対し、契約金の支払い、ニューロジェネティクス社優先株の購入および3年間にわたる研究支援を行います。ニューロジェネティクス社は、エーザイに対し、研究協力によって同定された生物学的に有用なターゲットへの第一次交渉権および第一次拒否権を認めます。生物学的に有用なターゲットが見つかれば、両社は引き続き開発研究契約を結ぶ予定です。LOAD遺伝子研究とターゲット探索研究は、マサチューセッツ総合病院の遺伝学者でハーバード大学教授であるDr. Rudolph Tanziの協力のもと、ニューロジェネティクス社で行われます。


 ニューロジェネティクス社は2000年4月に創立され、アルツハイマー型痴呆に関連する神経変性疾患の新規低分子の開発に焦点を絞る、サンディエゴを拠点としたバイオ製薬企業です。ニューロジェネティクス社は、サイエンス面での共同創始者であるDr. Rudolph Tanziのアルツハイマー型痴呆に関する研究業績について、マサチューセッツ総合病院との間で独占契約を結んでいます。ニューロジェネティクス社の研究は、神経変性疾患における疾病特異的な遺伝的危険因子の分析によって新規分子ターゲットを確立し、疾病の進行を抑制する経口の低分子治療剤を開発することに焦点を当てています。


以 上 

お問い合わせ先
エーザイ株式会社 Neurogenetics Inc.
広報部 Director, Corporate Development
Kumar Srinivasan, Ph.D., M.B.A.
TEL: 03-3817-5120 TEL: 858-623 5665 x 125
www.eisai.co.jp www.neurogeneticsinc.com