ここから本文です

ニュースリリース

(2002年4月25日)

三光純薬とエーザイ、PALSAR(パルサー)法事業化で新展開
- 株式会社パルマビーズ研究所設立 -


三光純薬株式会社 
エーザイ株式会社 


 三光純薬株式会社(本社:東京都千代田区、社長:渡辺瞭)は、自社開発した新しい遺伝子増幅法であるPALSAR法を用いた診断薬等の研究開発を目的とする新会社「株式会社パルマビーズ研究所」(以下、「PB社」)を5月13日に設立いたします。なお、三光純薬の親会社であるエーザイ株式会社(本社:東京都文京区、社長:内藤晴夫)は、PB社設立後、同社が実施する第三者割当増資を引き受けます。増資後の三光純薬とエーザイの持株比率は各50%になります。


 PALSAR法は米国と日本において、すでに特許が成立しており、欧州においても出願公開期間中であります。両社は今後の事業化に向け、迅速に製品を開発するとともに、周辺技術の特許出願を推進することが重要と判断し、三光純薬の遺伝子研究部門を分離独立させることにいたしました。


 医療、食品、環境、農業などの幅広い分野おいて、PALSAR法は応用可能な技術であります。
 PB社は、最初の製品として、感染症領域における診断薬キットの開発を行います。また、米国進出を視野に入れた事業展開を進め、社外との共同研究・製品開発にも積極的に取り組んでまいります。


以 上 



< 本件に関するお問合せ先 >
三光純薬株式会社 総務部 エーザイ株式会社 広報部
TEL : 03-3865-4311 TEL : 03-3817-5120


< ご参考 >

1.各社の概要


株式会社パルマビーズ研究所
代 表 者 渡辺 瞭(三光純薬(株)代表取締役社長)
本社所在地 東京都千代田区岩本町一丁目10番6号(三光純薬 本社内)
研 究 施 設 茨城県稲敷郡阿見町吉原3262番地12(三光純薬 茨城事業所内)
事 業 内 容 PALSAR法に基づく診断薬等の研究開発、ならびに遺伝子関連技術の研究開発
資 本 金 5000万円
従 業 員 10名

三光純薬株式会社
代 表 者 渡辺 瞭
本社所在地 東京都千代田区岩本町一丁目10番6号
資 本 金 52億6248万円(平成14年3月期)
事 業 内 容 臨床検査薬、研究用試薬、医療機械器具等の製造、販売、輸出入
 注:エーザイの三光純薬持株比率は、50.59%であります

エーザイ株式会社
代 表 者 内藤 晴夫
本社所在地 東京都文京区小石川4丁目6番10号
資 本 金 448億8814万円(平成14年3月期)
事 業 内 容 医薬品、医薬部外品、製薬用機器・装置等の製造、販売、輸出入

2.PALSAR法の原理

 PALSAR法は、遺伝子増幅法の一つで、2種類のDNA断片(オリゴヌクレオチド・プローブ)を使って、大きなDNAポリマー(塊)を作る独特な技術です。従来の手法とは異なり、ポリマーを生成する際に核酸合成酵素が不要であり、一定の温度内(40℃から70℃の範囲)かつ短時間(30秒から30分)で増幅可能という特長があります。


 PALSAR法で用いるDNA断片の塩基は任意に設計することができ、断片にあらかじめ蛍光物質などを標識しておけば、大きなDNAポリマーは大きなシグナル(信号)として検出できます。


 目的とするウイルスなどの遺伝子の塩基配列を、そのままDNA断片の一部として設計しておくことにより、DNA断片は検出したいウイルスなどの遺伝子に結合します。結合すると大きなポリマーのシグナルにより、ウイルスなどの存在を確認することができます。



3.名前の由来

[ PALSAR法 ]

DNA断片が互い違いに結合して、自ら集まり大きな塊を作る反応という方法名の頭文字から取りました。
< Probe alternation link self ‐ assembly reaction >
[ (株)パルマビーズ研究所 ]

「パルマ」はラテン語・イタリア語・スペイン語で「手のひら」の意味であり、「ビーズ」とは、PALSAR法による遺伝子増幅が「蜂の巣」の形に似ていることを指します。
手のひらサイズの遺伝子診断キットの開発を追求する会社という意味で命名しました。