ここから本文です

ニュースリリース

(1999年4月21日)

ノボノルディスク ファーマ株式会社、エーザイ株式会社とグルカゴン製剤の販売提携で合意

ノボ ノルディスクファーマ株式会社
エーザイ株式会社



 糖尿病治療のリーディングカンパニーであるノボ ノルディスク ファーマ株式会社(略称:NNPL、社長: ロジャー モーア / Roger Moore、本社:東京都中央区)は本日遺伝子組換え型グルカゴン製剤「グルカゴンG・ノボ」を、エーザイ株式会社(本社:東京都文京区、社長:内藤晴夫)が日本国内で一手販売、単独プロモーションする旨の契約について同社と合意したと発表しました。販売開始は6月1日を予定しています。


 ノボ ノルディスク ファーマ株式会社ロジャー モーア代表取締役社長は、「このたびの販売提携は消化器領域に定評のあるエーザイ株式会社と、フォーカス・エリアを糖尿病領域およびヒト成長ホルモン分野に絞り込もうとしている弊社の双方に実りの多いものであるばかりでなく、医療関係者の方々や患者さまにとって有益なものになると確信しています。 今後のエーザイ株式会社の販売、学術情報提供活動により更に「グルカゴンG・ノボ」のポテンシャルが伸びることを大いに期待しています。」と述べました。


 エーザイ株式会社医薬事業担当、中井理史常務取締役は、「今回の販売提携により、パリエット、セルベックスに代表される弊社の消化器領域の製品がさらに充実しました。この4月に発足した新営業体制を積極的に活用し、適正使用情報の提供活動を展開することにより、医療関係者の方々や患者さまに貢献できることを期待しています。」と述べました。


 グルカゴンG・ノボは主に消化管のX線や内視鏡検査の前処置、および低血糖時の救急処置に使用される注射用グルカゴン製剤で、デンマークのノボ ノルディスク社が世界に先駆けて酵母を宿主とした遺伝子組換え技術により開発した製品です。 日本ではノボ ノルディスク ファーマ株式会社が、それまでの動物膵由来による「グルカゴン・ノボ」に替えて1996年から輸入、1998年4月1日から自社販売開始に伴い輸入・販売をしており、1998年度の販売実績は薬価ベースで約53億円でした。