ここから本文です

ニュースリリース

(1997年11月7日)

エーザイ株式会社、米国で製剤化研究・医薬品生産施設を竣工

 エーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫)は、米国現地法人エーザイ・インク(略号:ESI/米国ニュージャージー州)の製剤化研究・医薬品生産施設をノースカロライナ州リサーチ・トライアングル・パーク内に、11月6日竣工いたしました。


 当施設はリサーチ・トライアングル・パーク内の52エーカーの敷地内で、1996年5月より建設が着工され、85,000平方フィートの施設総床面積を有しています。医薬品の製剤化研究機能と商業生産機能を有し、現在エーザイ・インクが米国で販売しているアルツハイマー型痴呆治療剤「アリセプト」の生産を1998年後半より開始するほか、米国でフェーズ3の開発段階にある抗潰瘍剤E3810の承認後の生産を予定しています。


 当施設の竣工により、エーザイは医薬品の基礎研究、臨床開発、生産、販売までの一貫した機能を米国に保有することになります。


<施設概要>

所在地 米国ノースカロライナ州リサーチ・トライアングル・パーク内
施設機能 製剤化研究・医薬品の商業生産
敷地面積 52エーカー(約6万4千坪)
施設総面積 85,000平方フィート(約2千4百坪)
商業生産開始 1998年後半
投資金額 約4,000万米ドル
従業員数 約40名(1998年後半、約 80名を予定)