くすりの博物館
サイト内検索
人と薬のあゆみ
人と薬のあゆみ 薬草に親しむ 内藤記念くすり博物館のご案内 タマでもわかるお薬のはなし もうひとつの学芸員室くすりの博物館トップページへ
テーマ別
健康への祈り
くすりを探し求めて
医療のあけぼの
薬業の発展
配置売薬と行商
くすりをつくる
健康への戒め
  疫病へのおそれ
  人体のしくみ
  常に携えて
  日頃の用心・摂生
蘭学のおこり
近代薬学の夜明け
年表
度量衡
海外の資料
疫病へのおそれ
 古来より、人々に火事や地震よりも恐れられていたのは流行病、つまり疫病(伝染病)だった。
 7世紀に書かれた『日本書紀』には、疫病を疾疫、疫気(えやみ、えのやまい)の言葉が見られる。
 また、江戸時代には、天然痘(疱瘡)、麻疹(はしか)、水疱瘡(水痘)は人生の「お役三病」とされ、一生に一度しかかからないこの三つを無事に終えることが、健康面での最大の願いだった。
 特に天然痘、麻疹は死亡率が高く、一度流行すると多くの人々が命を失った。
「はしかのまもり」
はしか絵
    疱瘡絵(ほうそうえ)
    コレラ絵
    その他の疫病絵
 
 
   
ページの上に戻る 
 
     
ご意見ご感想著作権について Copyright(C), Eisai Co., Ltd. All rights reserved.