くすりの博物館
サイト内検索
人と薬のあゆみ
人と薬のあゆみ 薬草に親しむ 内藤記念くすり博物館のご案内 タマでもわかるお薬のはなし もうひとつの学芸員室くすりの博物館トップページへ
テーマ別
健康への祈り
くすりを探し求めて
医療のあけぼの
薬業の発展
配置売薬と行商
くすりをつくる
健康への戒め
蘭学のおこり
近代薬学の夜明け
年表
度量衡
海外の資料
蘭学のおこり
 天文18年(1543)ポルトガル人の種子島漂着を契機に西洋の文物に触れたわが国も、鎖国令によって国を閉じた。開国までの約200年間、長崎出島の商館に出入りする通詞によってのみ、西欧文化が紹介されたのは歴史の教える通りである。安永3年(1774)には、杉田玄白・前野良沢らは、大変な努力によって「解体新書」を翻訳したが、この偉業は当時の社会に少なからぬ波紋を投げかけた。大槻玄沢は天明6年(1786)、わが国最初の蘭学塾・芝蘭堂を開くことになるが、多くの俊秀を集めたといわれる緒方洪庵の適塾(天保9・1838年)も見逃すことはできない。
 蘭方医学は、中国医学一辺倒だったわが国の医学に新しい風を吹きこんだと言えよう。
「解体新書」4巻附図1巻
人体のしくみを知りたい
    世界初の全身麻酔
    海を渡って
 
 
   
ページの上に戻る 
 
     
ご意見ご感想著作権について Copyright(C), Eisai Co., Ltd. All rights reserved.