くすりの博物館
サイト内検索
人と薬のあゆみ
人と薬のあゆみ 薬草に親しむ 内藤記念くすり博物館のご案内 タマでもわかるお薬のはなし もうひとつの学芸員室くすりの博物館トップページへ
テーマ別
健康への祈り
くすりを探し求めて
医療のあけぼの
薬業の発展
配置売薬と行商
くすりをつくる
健康への戒め
蘭学のおこり
近代薬学の夜明け
年表
度量衡
海外の資料
健康への戒め
 人々は、長い間病気の苦悩と恐怖にさいなまれてきた。そして爆発的な疫病の流行や死・・・。近代医学の生まれる以前の疫病の流行は、度々、一国の歴史や文化を大きく変える要因となった。
 江戸中期から後期にかけて、家庭医学書を始め、はしか・疱瘡・コレラなど疫病の養生法、治療法を解説した錦絵が数多く出されている。
 庶民たちは、こうして疫病に対してさまざまな戒めを持つようになった。生活力にあふれた一見ユーモラスに見える疾病退治の絵の中にも、彼らの真剣な願いが色濃く反映している。
「流行悪疫退散の図」
疫病へのおそれ
    人体のしくみ
    常に携えて
    日頃の用心・摂生
 
 
   
ページの上に戻る 
 
     
ご意見ご感想著作権について Copyright(C), Eisai Co., Ltd. All rights reserved.