ここから本文です

ニュースリリース

2015年5月21日

医学、科学の発展を目的に臨床試験データの開示を推進

 エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役CEO:内藤晴夫)は、このたび、透明性の高い臨床試験データの開示をより一層進めていくために、臨床試験データの開示ポリシーを定め、外部ウェブサイト(www.clinicalstudydatarequest.com)を通じて研究者に臨床試験データの公開を開始しましたのでお知らせします。

 当社は、臨床試験に関する情報およびその結果をより広く公開することは、医学、科学の発展につながり、公衆衛生の向上に寄与するものと考えています。その考えのもと、「臨床試験データアクセスと臨床試験情報の開示に関するポリシー」を定め、当社ウェブサイトにて公開しました。本ポリシーには、臨床試験の登録、臨床試験結果の開示やパブリケーション、研究者との臨床試験データの共有に関する当社の方針を示しています。

 このたび、当社が臨床試験データの開示に使用する外部ウェブサイトは、研究者が臨床試験データを用いた研究を行い、より効果的な治療法の開発など、医学や科学の発展につなげるために開設されました。研究者が、研究を目的として臨床試験データへのアクセスをリクエストすると、当社が関与しない独立審査委員会による審査が行われます。独立審査委員会によってリクエストが承認されると、匿名化された臨床試験データへのアクセス権が研究者に付与されます。対象となるのは、2014年1月1日以降に米国、欧州に申請し、承認された製品における臨床試験データとなります。なお、このウェブサイトでは、臨床試験の情報を英語で掲載しています。

 当社は、患者様とそのご家族の喜怒哀楽を第一義に考え、そのベネフィット向上に貢献することを企業理念としております。当社は、このヒューマン・ヘルスケア(hhc)理念に基づき、臨床試験に関する情報およびその結果へのアクセス向上を進めて医学、科学の発展に寄与してまいります。

 詳細は以下のウェブサイトにてご確認いただくことができます。
  http://www.eisai.co.jp/company/research/clinical/policy.html

以上