ここから本文です

ニュースリリース

2017年1月18日

エーザイ、非感染性疾患対策に取り組むグローバルパートナーシップに参画
-低所得国・低中所得国におけるヘルスケアアクセス改善を推進-

 エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役CEO:内藤晴夫、以下 エーザイ)は、このたび、低所得国・低中所得国における非感染性疾患(Non-Communicable Diseases、以下 NCDs)の予防、治療およびケアの推進を目的とした、グローバルパートナーシップである「Access Accelerated(アクセス・アクセレレイテッド)」の設立に参画しましたので、お知らせします。

 Access Acceleratedは、NCDs分野におけるマルチステークホルダーによる初の国際的なイニシアティブであり、当社を含む世界の大手製薬企業22社で構成されるほか、世界銀行グループ、および国際対がん連合(Union for International Cancer Control、以下 UICC)などとも連携し、低所得国・低中所得国において、2030年までにNCDsによる早期死亡件数の3分の1を減少させるという国連の持続可能な開発目標の達成をめざします。本イニシアティブでは、参加企業が個別のプログラムを通じてヘルスケアのアクセス改善に取り組むほか、世界銀行グループと連携して、NCDsの予防、治療およびケアの改善を目的としたパイロット事業を行います。さらにUICCとは、がん治療とケア向上のために連携し、効果的かつ持続可能な診断・治療の提供を支援します。

 当社は、グローバルのNCDs対策として、中国において認知症の疾患啓発・早期発見支援活動に取り組んでいるほか、グローバル主力品の抗がん剤「ハラヴェン®」について、インド、タイ、フィリピンを含むアジア7カ国において、患者様の所得水準に応じて複数の負担価格を設定する「ティアードプライシング」(Tiered Pricing)を導入するなど、各国で様々なアクセス改善に向けた取り組みを展開しています。

 Access Acceleratedへの参画にあたり、当社の代表執行役CEOである内藤晴夫は、「現代の製薬産業において、社会経済的な環境に関わらず、全ての患者様に必要な医薬品をお届けすることは、極めて重要な使命の一つです。エーザイは、ヒューマンヘルスケア(hhc)理念に基づき、Access Acceleratedをはじめとする患者様や介護をされる方々の社会的要求や医療ニーズの充足に向けたイニシアティブに積極的に参画していきます。当社は、グローバルな医薬品アクセスの課題解決への取り組みを、我々の責務であるとともに、将来への長期的な投資であると考えています。」と述べています。

* Access Acceleratedの詳細に関しては、www.eisai.co.jp/company/atm/accessaccelerated.htmlでご確認ください。

以上

<参考資料>

1. Access Accelerated(アクセス・アクセレレイテッド)について

 Access Acceleratedは、非感染性疾患ケアの改善に重点を置いたマルチステークホルダーによる初めての国際的なイニシアティブです。20社以上の医薬品企業で構成されるほか、世界銀行や国際対がん連合(UICC)などのパートナーと連携し、低所得国や低中所得国における非感染性疾患の医薬品アクセスを巡る様々な障壁の克服を支援していきます。Access Acceleratedは、マルチステークホルダーによる対話を支援し、非感染性疾患の予防、診断、治療を改善するために現地での取り組みを実施します。

 加盟企業及び団体は、アステラス製薬、アルミラル、イーライリリー、エーザイ、MSD、欧州製薬団体連合会(EFPIA)、グラクソ・スミスクライン、国際製薬団体連合会(IFPMA)、サノフィ、塩野義製薬、ジョンソン・エンド・ジョンソン、大日本住友製薬、セルジーン、第一三共、武田薬品工業、中外製薬、日本製薬工業協会(JPMA)、ノバルティス、バイエル、ファイザー、ブリストル・マイヤーズ スクイブ、米国研究製薬工業協会(PhRMA)、メナリーニ、メルクセローノ、ロシュ、ユーシービーとなります。本イニシアティブ事務局は国際製薬団体連合会(IFPMA)が担います。

2. 非感染性疾患(Non-Communicable Diseases: NCDs)について

 がん、心臓血管病、慢性呼吸器疾患、糖尿病および精神疾患を含む非感染性疾患は世界の主要な死因となっています。世界のNCDsによる死亡件数のおよそ80%を低所得国・低中所得国が占めると言われており、NCDsへの対策は喫緊の課題となっています。

3. エーザイの医薬品アクセス向上に関する取り組みについて

 エーザイは、医薬品アクセス向上のための活動を開発途上国・新興国における長期的投資と位置付け、積極的かつ持続的な様々な取り組みを行っています。詳細に関しては、以下のサイトをご確認ください。
 http://www.eisai.co.jp/company/atm/index.html