ここから本文です

ニュースリリース

2016年3月22日

米国におけるHelsinn社との制吐剤の共同販促契約を変更
-Helsinn Therapeutics Inc.に制吐剤AKYNZEO®(netupitant/palonosetron)の権利を返還-

 エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役CEO:内藤晴夫)は、米国子会社のエーザイ・インクがHelsinn Healthcare S.A.(本社:スイス ルガーノ、Group Vice Chairman and CEO:Riccardo Braglia、以下 Helsinn社)と締結している米国での制吐剤領域における共同販促契約を変更することに合意しましたのでお知らせします。

 本契約に基づき、現在米国でエーザイ・インクがHelsinn社の米国子会社であるHelsinn Therapeutic US Inc.(以下 Helsinn US社)と共同販促している、催吐性を有するがん化学療法による急性および遅発性の悪心・嘔吐の予防の適応を持つ制吐剤「AKYNZEO®」(一般名:netupitant/palonosetron)について、2016年4月1日から、その販売権をHelsinn US社に返還します。なお、同じく米国でHelsinn US社と共同販促を行っている制吐剤「Aloxi®」(一般名:palonosetron)については、従来どおり両社で共同販促していきます。

 エーザイ・インクは、今回の契約変更により、Helsinn US社と共同販促を展開している「Aloxi」と自社抗がん剤「ハラヴェン®」および「レンビマ®」での患者様貢献により一層注力してまいります。

以上

<参考資料>

1.  「AKYNZEO」について
 「AKYNZEO」は、NK1受容体拮抗剤のnetupitantと5-HT3受容体拮抗剤のpalonosetronの経口の配合制吐剤で、CINV(がん化学療法に伴う悪心・嘔吐)における2つの重要な神経伝達経路をターゲットにしています。本剤の承認申請は世界各国で進められています。

2.  Helsinn Groupについて
 Helsinn社は、がん補助療法の医薬品グループで、幅広い品揃えの製品と開発品のパイプラインを有しています。Heisinn社は、1976年以来、誠実で質が高く敬意に満ちたその価値観に基づき、医薬品、医療機器、栄養補助製品における長年のパートナーとともに、ユニークで一貫したライセンシングビジネスによって、患者様の日々の生活を改善してきました。Helsinn社は、スイスのルガーノに本社を置き、アイルランドと米国に子会社、中国に駐在員事務所を有しており、世界の約90カ国で製品を販売しています。
 Helsinn社についての詳細情報は、同社のウェブサイト www.helsinn.com/ をご覧ください。

3.  エーザイとHelsinn Groupについて
 Helsinn Healthcare S.A.とエーザイ・インクは、米国における「Aloxi」の商業権についてライセンス契約を結んでいます。Helsinn Healthcare S.A.は、全ての開発活動(前臨床、臨床、化学・製造および品質管理(CMC))、承認取得、およびNDA(New Drug Approval)の保持を担い、エーザイ・インクとHelsinn Therapeutics U.S. Inc. が米国内において共同販促を行い、売上げはエーザイ・インクに計上されます。