ここから本文です

ニュースリリース

2013年6月25日

アルツハイマー型認知症治療剤「アリセプト®」の新たな剤形、ドライシロップ剤を日本で新発売

 エーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫)は、6月26日、アルツハイマー型認知症治療剤「アリセプト®」(一般名:ドネペジル塩酸塩)の新しい剤形となる「アリセプト®ドライシロップ1%」を新発売します。本剤は、アルツハイマー型認知症治療剤として初めてのドライシロップ剤であり、2013年2月15日に日本で製造販売承認を取得し、2013年6月21日に薬価収載されました。

 本剤は、適宜減量を含むすべての投与量に用量調整可能な用時懸濁製剤です。甘味剤が配合されたドライシロップ剤であり、従来の剤形の服用を好まない、あるいは服用困難な患者様の服薬コンプライアンスの向上だけでなく、介護者の皆様の服薬介助時の負担軽減につながることも期待されます。また、本剤は、粉末のまま水とともに服用することも可能であり、かさ高を既存の細粒剤から半減させ、より服用しやすくしています。

 「アリセプト®」は、軽度から高度までフルステージのアルツハイマー型認知症に対する効能・効果を有しており、症状を含めて様々な状況におられる患者様と介護者の皆様それぞれのニーズに沿って、錠剤、口腔内崩壊錠、細粒剤、内服ゼリー剤という豊富な剤形を取り揃えています。本ドライシロップ剤を発売することにより、患者様のニーズにより幅広くお応えしていきます。

 当社は、これまでに「アリセプト®」を通じて蓄積された豊富な経験を活かし、引き続き、アルツハイマー型認知症患者様とそのご家族や介護者の皆様のさらなるQOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上に貢献してまいります。

以上

[参考資料として、製品概要、製品写真について添付しています]

<参考資料>

1. 製品概要
1)製品名 :アリセプト®ドライシロップ1%
2)一般名 :ドネペジル塩酸塩
3)効能・効果 :アルツハイマー型認知症における認知症症状の進行抑制
4)用法・用量 :通常、成人にはドネペジル塩酸塩として1日1回3mg (本剤0.3g)から開始し、1~2週間後に
 5mg(本剤0.5g)に増量し、経口投与する。高度のアルツハイマー型認知症患者には、5mg(本剤0.5g)で
 4週間以上経過後、10mg(本剤1.0g)に増量する。なお、症状により適宜減量する。
5)薬価 :アリセプト®ドライシロップ1%      1% 1g  636.00円
6)包装 :8.4g(分包0.3g×2×14)、28g(分包0.5g×2×28)、 70g(分包0.5g×2×70)、
 56g(分包1g×2×28)、100g
[製品写真]
アリセプト®ドライシロップ1%