ここから本文です

ニュースリリース

2011年12月1日

カナダ医薬品販売会社が開業記念式典を開催

 エーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫)のカナダ医薬品販売会社「エーザイ・リミティッド(Eisai Limited)」(所在地:オンタリオ州、以下「エーザイ・カナダ」)は11月30日(トロント現地時間)、カナダ市場への正式参入を記念し、開業記念式典を開催しました。

 エーザイ・カナダは、エーザイ初のカナダ市場における医薬品拠点として、2010年4月に北米有数のバイオ製薬産業クラスターおよび医療コミュニティが存在するオンタリオ州ミシサガに設立されました。
 同社は、本年、本格的に業務を開始し、これまでにてんかん治療剤「Banzel™」やインプラント型脳腫瘍治療剤「Gliadel®」をカナダにおいて発売しているほか、現在、グローバル開発品である抗がん剤「ハラヴェン(一般名:エリブリン)」についてカナダ当局に承認を申請中です。さらに来年以降も、AMPA受容体拮抗剤「ペランパネル(一般名)」を始め、当社グローバル注力領域であるがん領域や神経領域における様々な製品の販売承認申請手続きを進展させ、カナダ市場における製品ラインアップの拡充を図ります。

 当社は、中期戦略計画「はやぶさ」の大グローバリゼーション戦略において、2015年度までにカナダを含む世界のトップ20カ国の医薬品市場すべてに進出を果たし、5億人を越える患者様に貢献することを目標の一つとして掲げています。エーザイ・カナダの本格稼動による医薬品販売体制の充実により、世界第9位の市場であるカナダにおいて事業の一層の拡大とその国状に合致したマーケティングを展開し、当地域の患者様とご家族のベネフィット向上につとめてまいります。

以上

〔参考資料として、エーザイ・カナダ概要、当社の大グローバリゼーション戦略、カナダ医薬品市場、
記念式典の写真を添付しています〕


<参考資料>

1. 【Eisai Limited (エーザイ・カナダ)概要】
会社名 : Eisai Limited
所在地 : カナダ オンタリオ州ミシサガ
社 長 : 平澤 滝宏
事業内容 : 医薬品の販売および販売促進
資本金 : 10百万カナダドル
設立日 : 2010年4月1日(現地時間)
稼動日 : 2010年5月1日(現地時間)

2. 中期戦略計画「はやぶさ」における大グローバリゼーション戦略について
当社は、大グローバリゼーション時代において、計画「はやぶさ」に掲げたグローバルトップ20カ国の医薬品市場すべてに進出を果たし、当社の製品提供を受ける患者様数(累計)を2006~2010年度の2億人超から2011~2015年度には5億人超まで飛躍的に拡大することをめざしています。計画「はやぶさ」を策定した2011年3月時点で新たに進出を予定していた8カ国(カナダ、ブラジル、ロシア、オーストラリア、トルコ、ポーランド、メキシコ、ベネズエラ)の内、現時点でオーストラリア(2006年1月)、カナダ(2010年4月)、ブラジル(2011年4月)、メキシコ(2011年8月)に医薬品販売会社を設立しています。また、ロシアでは駐在員事務所を設立し(2007年10月)、申請登録作業を進めています。

3. カナダ医薬品市場について
カナダは、人口約3,400万人、実質GDP成長率は3.3%と主要先進国並みに安定的に高い国です。2010年の医薬品市場は216億米ドル(約1兆6,400億円)の売上規模を誇る、世界9位、米州2位の市場であり、成長率は3%となっています。また、カナダは、税方式による「Medicare」と称する公的医療制度を基本としていますが、実際は各州によって運営されています。したがって、この公的制度における処方せん薬の償還は州毎に異なり、償還対象とならない州では、民間保険の利用あるいは別途公的な医薬品プランを作り公費による償還をおこなっています。

4. 記念式典写真


(左から、在トロント日本国総領事館 総領事 山本栄二氏、オンタリオ州経済開発イノベーション担当大臣Brad Duguid氏、エーザイ株式会社社長兼CEO内藤晴夫、カナダてんかんアライアンス ファウンディング プレジデントAndy Ayotte氏、エーザイ・リミティド社長 平澤滝宏)