ここから本文です

ニュースリリース

(2007年4月13日) 印刷用(PDF 23KB)

「アリセプト®」、欧州における高度アルツハイマー型痴呆(認知症)の
適応追加申請を取り下げ


 エーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫)の英国子会社エーザイ・リミテッド(本社:ロンドン、社長:ポール・フーパー)は、かねて欧州の相互認証制度に基づき申請していた、アルツハイマー型痴呆(認知症)治療剤「アリセプト®」の高度アルツハイマー型痴呆(認知症)の適応追加申請を、いったん取り下げることにしました。
 今後、再申請について、当局と相談のうえ検討を進めていきます。

 なお、米国、インド、ニュージーランド、フィリピンでは、すでに「アリセプト®」の高度アルツハイマー型痴呆(認知症)の適応を取得しており、日本では現在申請中です。

 当社は、「アリセプト®」が多くの地域のアルツハイマー型痴呆(認知症)の患者様のベネフィット向上につながる有用な薬剤であると確信しており、引き続き、患者様価値創造に向けた活動を推進していきます。
以上