ここから本文です

ニュースリリース

(2006年10月31日) 印刷用(PDF 111KB)

アレルギーによる鼻炎や皮膚症状に効く
スイッチOTC「ハイガード(R)」を新発売


 エーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫)は、アレルギーによる鼻炎や皮膚症状を改善する一般用医薬品「ハイガード(R)」を、11月1日に新発売します。

 「ハイガード(R)」は、アレルギー疾患治療剤として処方されている医療用医薬品の塩酸アゼラスチン(一般名)を、一般用医薬品の有効成分として初めて配合したスイッチOTCです。「ハイガード(R)」は、「花粉、ハウスダストなどによる鼻のアレルギー症状」だけでなく、「じんましん、湿疹などによる皮膚症状」に効果があります。

 有効成分である塩酸アゼラスチンは、アレルギー症状を引き起こす体内物質であるヒスタミン、ロイコトリエンに対する拮抗作用と遊離抑制作用により、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりといったアレルギーによる鼻炎症状や、じんましん、湿疹・かぶれによる皮膚のはれ、かゆみに優れた効果を発揮します。特に、花粉などによる季節性のアレルギー性鼻炎の症状に対しては、症状が出始めてつらくなる前の初期段階での服用が効果的です。

 当社が実施した調査*によると、花粉によるアレルギー症状に悩む生活者の方で、「皮膚のかゆみ」を感じている方は5割以上に達し、また、花粉飛散シーズンだけでなく、通年において鼻や皮膚のアレルギー症状を感じている方が7割を超えています。鼻と皮膚のアレルギー症状の両方に効能・効果を有している「ハイガード(R)」は、このような生活者の方のニーズにも応える製品です。

 当社では、スイッチOTCである「ハイガード(R)」を、花粉シーズンに限らない通年型の製品と位置づけて新しい市場を開拓し、鼻や皮膚のアレルギー症状にお悩みの方のベネフィット向上に努めてまいります。

   2006年6月実施:
      20代~40代男女199名を対象とした花粉によるアレルギー症状に関する調査


以上



[参考資料として用語解説、製品概要、製品写真を添付しております]



<参考資料>
1.用語解説
    ○スイッチOTC
医療用医薬品として使用されている有効成分を、薬局・薬店等の店頭でも購入できる一般用医薬品に転用した薬のこと。

    ○ヒスタミン、ロイコトリエン
肥満細胞の表面で抗体と抗原が結合することで放出される化学伝達物質。放出された化学伝達物質は、血管や神経を刺激して、鼻炎や皮膚症状を引き起こす。
ヒスタミンは神経を刺激して、かゆみや、くしゃみ・鼻水を誘発する。ロイコトリエンは神経を介さずに血管を直接刺激し、血流障害を起こさせることで、皮膚のはれや鼻づまりの原因物質となることが知られている。
2.製品概要
    ①製品名:ハイガード®
    ②成分:
・有効成分:塩酸アゼラスチン・・・2 mg(成人1日量4錠中)
・添加物 :タルク、炭酸Ca、トウモロコシデンプン、乳糖、ヒドロキシプロピルセルロース、カルナウバロウ、酸化チタン、三二酸化鉄、ステアリン酸、ステアリン酸Mg、セラック、セルロース、二酸化ケイ素、白糖、プルラン、ポビドン、マクロゴール
    ③効能・効果:
・花粉、ハウスダスト(室内塵)などによる次のような鼻のアレルギー症状の緩和:
 くしゃみ、鼻みず、鼻づまり
・じんましん、湿疹・かぶれによる次の症状の緩和:
 皮ふのはれ、かゆみ
    ④用法・用量:
成人(15歳以上)は、1回2錠を1日2回朝食後及び就寝前に水又はお湯で服用してください。ただし、鼻炎の症状に用いる場合は1週間、皮ふの症状に用いる場合は3日間服用しても症状の改善がみられない場合には服用を中止し、医師又は薬剤師に相談してください。
[用法・用量に関連する注意]
花粉など季節性のアレルギー性鼻炎による症状に使用する場合には、花粉飛散期に入って症状が出始めたら、症状の軽い早めの時期からの服用が効果的です。
    ⑤希望小売価格(税込)
24錠 1,260円
48錠 2,415円
    ⑥製造販売元  エーザイ株式会社
ハイガード製品写真
ハイガード製品写真