ここから本文です

ニュースリリース

(2006年1月24日) 印刷用(PDF 49KB)

英国に欧州戦略拠点を設立


 エーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫)の欧州統括子会社であるエーザイ・ヨーロッパ・リミテッド(本社:ロンドン、社長:土屋裕)は、このたび英国アーリントン社と欧州戦略拠点設立に向けた土地売買ならびに開発に関する覚書を締結いたしました。今後エーザイは、本用地に欧州における研究、臨床開発、生産、販売、欧州統括の各機能を集約し、欧州全域にわたる事業活動の中心となる戦略拠点を構築してまいります。
 今回覚書を締結した用地は、ロンドン北部に位置するHatfield Business Park内の約14.6エーカー(約1.8万坪)の区画であり、用地内に新たに工場を有する生産子会社を設立します。2006年より建設を開始し、順次、既存の欧州統括子会社エーザイ・ヨーロッパ・リミテッド、臨床研究・販売子会社エーザイ・リミテッドを移転し、さらにロンドン大学(UCL)内の探索研究子会社エーザイ・ロンドン・リサーチ・ラボラトリーズ・リミテッドを拡張・強化するための探索研究機能も付加して、2008年には本拠点で、初回生産および創薬研究活動を開始します。土地購入費用を含めた総投資額は、約150億円を想定しています。また、本拠点の構築は、Hatfield Business Park内に、300名の新たな雇用を含む総勢500名以上の雇用をもたらすことになります。

 当社は、欧州地域を医薬品市場の成長可能性が高く、先進の科学技術や臨床開発の仕組みを備えた非常に重要な地域と考えています。なかでも英国は、生命科学分野における革新的な発明の歴史があり、製薬産業の集積地であることから、戦略拠点構築に最適な場所であると判断しました。当社は、1990年に設立したロンドン大学(UCL)内の探索研究子会社で、すでにパーキンソン病、てんかん、多発性硬化症などの神経変性疾患の治療剤として開発中の新規化合物を見出しています。英国の医薬・バイオ産業の集積地である本地域で、新たな戦略拠点を設置することにより、さらなるブレークスルーにつながる発見を期待しています。

 当社は、企業理念を定款に記載し、その中で当社の使命は患者様価値の増大であり、これを実現するにあたっては、未だ満たされていない医療ニーズの充足、高品質製品の安定供給、薬剤の安全性と有効性を含む有用性情報の伝達に努めると明記しております。今回の欧州戦略拠点の構築により、当社は世界の3大医薬品市場である米国、欧州、日本において、研究開発から生産、販売、医薬品の安全性情報の管理・提供までの各機能が密接に連携し、患者様満足の増大をはかるためのシームレス・バリュー・チェーンを構築することになります。当社はこれにより、さらなる効率性と生産性、品質の向上をはかってまいります。

 当社は、すでに欧州主要地域において英国、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、スイス、スウェーデンに医薬品販売子会社を設立し、自社医薬品販売体制の充実をはかっています。今後はさらに欧州全域を俯瞰した事業展開を加速させ、欧州地域における患者様満足の増大をはかり、より多くの患者様のベネフィット向上に貢献してまいります。
以上


[参考資料として英国の医薬品・バイオテクノロジー産業の概要を添付しております]

本件に関する問い合わせ先

エーザイ株式会社 コーポレートコミュニケーション部
Tel:03-3817-5120


PDFファイル [参考資料](PDF 33KB)




英国で記者会見をする内藤社長
英国で記者会見をする内藤社長