ここから本文です

ニュースリリース

(2004年6月28日)

アルツハイマー型痴呆治療剤「アリセプト」の
口腔内崩壊錠を国内で新発売


 エーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫)は、6月25日に薬価収載されたアルツハイマー型痴呆治療剤「アリセプト」の新剤形である口腔内崩壊錠「アリセプトD錠3mg」と「アリセプトD錠5mg」を、国内で7月1日より新発売します。

 本剤は、アルツハイマー型痴呆治療薬では世界で初めての口腔内崩壊錠です。口腔内で速やかに崩壊するため、これまで「飲みこみづらい」、「のどにつかえる」と感じておられた患者様も服用しやすくなります。今回の剤形追加で、より多くの患者様の服薬性向上に貢献できるものと期待しています。なお、米国並びに欧州においては、2003年12月に口腔内崩壊錠の剤形追加申請をしています。

 「アリセプト」は、エーザイが独自に合成したアセチルコリンエステラーゼ阻害剤で神経伝達物質である脳内アセチルコリン濃度を高める作用を持つ、軽度および中等度のアルツハイマー型痴呆治療剤です。
 「アリセプト」は世界76カ国で販売されており、当社は、日本、米国、英国、ドイツ、フランス、スペインにて、ファイザー社との共同販促を行っており、アジア諸国では単独販売を行っております。

以上

[ 参考資料として製品概要と製品写真を添付しております ]


[ アリセプトD錠3mg、アリセプトD錠5mgの主な製品概要 ]
製品名アリセプトD錠3mg、アリセプトD錠5mg
一般名塩酸ドネペジル(Donepezil Hydrochloride)
組成 アリセプトD錠3mg
 
1錠中に塩酸ドネペジル3mgを含有する黄色の口腔内崩壊錠である。
アリセプトD錠5mg
 
1錠中に塩酸ドネペジル5mgを含有する白色の口腔内崩壊錠である。
効能・効果軽度及び中等度のアルツハイマー型痴呆における痴呆症状の進行抑制
用法・用量通常、成人には塩酸ドネペジルとして1日1回3mgから開始し、1~2週間後に5mgに増量し、経口投与する。
薬価 アリセプトD錠3mg318.80円
アリセプトD錠5mg482.40円
包装 アリセプトD錠3mg 28錠(PTP14T×2)、140錠(PTP14T×10)
アリセプトD錠5mg 56錠(PTP14T×4)、140錠(PTP14T×10)
製造承認日2004年2月26日
薬価収載日2004年6月25日
発売日2004年7月1日
製造発売元エーザイ株式会社
販売提携ファイザー株式会社

[ 製品写真 ]

アリセプトD錠



[ アリセプトの既存品(国内) ]
製品名
剤 形
薬 価
アリセプト錠3mg フィルムコート錠 1錠318.80円
アリセプト錠5mg フィルムコート錠 1錠482.40円
アリセプト細粒0.5% 細粒 1g449.80円