ここから本文です

ニュースリリース

(2003年7月4日)

「アリセプト」、米国において脳血管性痴呆の適応を承認しない旨の通知を受領


 エーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫)の米国子会社エーザイ・メディカル・リサーチ・インク(本社:ニュージャージー州、社長:ミンデル・サイドリン)ならびにエーザイ・インク(本社:ニュージャージー州、会長:松野聰一)は、米国時間7月3日、米国食品医薬品局(FDA)に申請していた脳血管性痴呆の適応について承認しない旨の通知を受領しました。今後も当社は、脳血管性痴呆の患者様に「アリセプト」を提供するために、引き続き適応取得に向けFDAとの話し合いを進めてまいります。


 「アリセプト」は、当社が独自に合成したアセチルコリンエステラーゼ阻害剤で、神経伝達物質である脳内アセチルコリン濃度を高める作用を持つ、軽度および中等度のアルツハイマー型痴呆治療剤です。日本、米国、英国、ドイツ、フランスなど世界60カ国以上で販売されています。当社は、神経領域をフランチャイズとして、アルツハイマー病、パーキンソン病、てんかん、多発性硬化症など、未だ治癒困難な疾病治療薬の開発に取り組んでいます。


以 上


お問い合わせ先
エーザイ株式会社 広報部
TEL  03-3817-5120