ここから本文です

ニュースリリース

(2003年1月7日)

米国子会社エーザイ・インク、
アルツハイマー型痴呆治療剤「アリセプト」の物流を自社で展開


 エーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫)の米国子会社エーザイ・インク(本社:ニュージャージー州、会長:松野聰一)はこのたび、アルツハイマー型痴呆治療剤「アリセプト」の米国物流機能を自社で行うことになりました。1月2日から物流センター(テネシー州メンフィス)で「アリセプト」の発注を受け付けています。なお、エーザイ・インクは、これまで「アリセプト」の物流機能をパートナーであるファイザー社に委託していました。


 当社は、従来から米国において研究開発から生産、販売、プロモーションに至る一連の機能を保有しておりましたが、物流機能を備えたことにより、一貫体制がさらに強化されました。このことにより、今後パートナーシップの拡大や新たなビジネスの機会が期待されます。


 「アリセプト」は、エーザイが独自に合成したアセチルコリンエステラーゼ阻害剤で、神経伝達物質である脳内アセチルコリン濃度を高める作用を持つ、軽度および中等度のアルツハイマー型痴呆治療剤です。現在ファイザー社のコ・プロモーションを受け、日本、米国、英国、ドイツ、フランスなど世界60カ国以上で販売されています。今年度の売上は、1,145億円を見込んでいます。


以 上