ここから本文です

ニュースリリース

(2002年2月21日)

Eisai S.A.がBIODIM社の全株式を取得


 エーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤 晴夫)のフランス現地法人Eisai S.A.(本社:パリ、社長:ポール・カードレ)は、2月18日(現地時間)、BIODIM社の全株式を取得する契約を締結いたしました。取得にかかわる費用は、総額2,100万ユーロ(約24億円)です。


 BIODIM社は、中枢神経領域の3製品(ロキサパック、パーキナン、デファニール)と、消化器領域の2製品(ジェネゼリン、アンティ-H)を有する会社で、5品目の2000年売上高は、約800万ユーロ(約9億円)です。Eisai S.A.は、この契約締結により、アリセプトをはじめとして、神経領域・消化器領域で合計6品目を自社販売いたします。


 当社は欧州において、1995年に英国、1996年にドイツ、フランスに販売会社を設立し、2001年には、スペインに医薬品の販売促進会社を設立いたしております。


以 上 




参考資料

<BIODIM社(契約締結前)概要>

名 称  BIODIM S.A.S. *S.A.S.:フランスの略式会社
(ビオディム エス・エー・エス)
代表者  Daniel MAGDELAINE
(ダニエル・マグドレン)
所在地  フランス ブローニュ
資本金  635,195ユーロ(約7千2百万円:1ユーロ=114円換算)
製 品 


1)ロキサパック対象疾患:精神分裂病
2)パーキナン対象疾患:パーキンソン病
3)デファニール対象疾患:うつ病
4)ジェネゼリン対象疾患:消化不良
5)アンティ-H対象疾患:消化器疾患に伴う疼痛