ここから本文です

ニュースリリース

(1997年3月5日)

アルツハイマー型痴呆治療薬「E2020」、アメリカン・ホーム・プロダクツ社よりメキシコで申請

 エーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫)が開発したアルツハイマー型痴呆治療薬「E2020(開発記号)」(一般名:塩酸ドネペジル)のメキシコでの新薬承認申請が、アメリカン・ホーム・プロダクツ社の医薬品部門の子会社ワイス・アヤスト社により「エランツ」の商品名で1月17日提出されました。


 E2020はエーザイが独自に合成したアセチルコリンエステラーゼ阻害剤で、日米欧三極で臨床開発が進められてきました。E2020は「アリセプト」の商品名で、米国では1996年11月に米国食品医薬品局(FDA)より、英国では1997年2月に英国医薬品庁(MCA)により、アルツハイマー型痴呆治療薬として販売が許可されました。現在、日本では第三相臨床試験(フェーズ3)の開発段階にあります。


 エーザイ株式会社は1995年2月、E2020のラテンアメリカ諸国での販売権をアメリカン・ホーム・プロダクツ社に与えるライセンス契約を締結いたしました。メキシコに続く他のラテンアメリカ諸国での申請はワイス・アヤスト社により順次行われます。