くすりの博物館
サイト内検索
人と薬のあゆみ
人と薬のあゆみ 薬草に親しむ 内藤記念くすり博物館のご案内 タマでもわかるお薬のはなし もうひとつの学芸員室くすりの博物館トップページへ
テーマ別
健康への祈り
くすりを探し求めて
医療のあけぼの
薬業の発展
  看板は商人の命
  巧みな広告の先覚者
  拡がりゆく売薬
配置売薬と行商
くすりをつくる
健康への戒め
蘭学のおこり
近代薬学の夜明け
年表
度量衡
海外の資料
巧みな広告の先覚者
 江戸中期、同業者の増加につれ、単に商品を店頭に並べておくだけでは商売が行き詰まるところから、広告宣伝に新しい方法が生まれた。看板やのれんなどの固定された広告に対し、いわば動く広告の役割を果たした 「びら・引札」 などがそれである。 「楽善堂三薬・精リ水」
錦絵広告
    ちらし
    ポスター
広告入り用具
その他の広告
 
 
   
ページの上に戻る 
 
     
ご意見ご感想著作権について Copyright(C), Eisai Co., Ltd. All rights reserved.