くすりの博物館
サイト内検索
内藤記念くすり博物館のご案内
人と薬のあゆみ 薬草に親しむ 内藤記念くすり博物館のご案内 タマでもわかるお薬のはなし もうひとつの学芸員室くすりの博物館トップページへ
館長挨拶
トピックス
イベント
  企画展
  楽しい自由研究
  その他
ご利用案内
館内ガイド
出版物・販売物
イベント

1998年4月29日〜10月18日

企画展「くすり収納のかたち−印籠から百味箪笥まで−」開催

くすり収納のかたち内藤記念くすり博物館は、企画展「くすり収納のかたち−印籠から百味箪笥まで−」を4月29日より10月18日まで開催いたしました。

企画展では、江戸時代から明治時代の携帯用薬入れ、医師の薬箱、百味箪笥など、当館が収集した「薬の入れもの」を一堂に展示いたしました。

江戸時代は封建時代の成熟に伴う文化の普及と多様化の時代でした。町人・職人文化が開化し、生活の向上が見られ、人々の生活にも薬が身近なものとなりました。薬の種類も増加し、薬を携帯するようになり、薬の入れものは機能的にも工芸的にも優れたものが現れました。企画展では、当時の人々と薬の結びつき、文化の歴史をご紹介いたしました。

開催日時平成10年4月29日〜10月18日
9時〜16時 (月曜休館)
展示内容印籠、道中用薬入れ、百味箪笥、医師の薬箱、
大名の婚礼調度の薬箱、行商用薬箱など
 展示風景
出 版 物内藤記念くすり博物館 収蔵資料集3
「くすり入れ−印籠・薬箱・百味箪笥−」
(定価2,000円)を刊行。
入 場 料無料



<本件に関するお問い合わせ先>

内藤記念くすり博物館 (担当学芸員:伊藤恭子) MAP

〒501-6195 岐阜県羽島郡川島町竹早町1
TEL:058689-2101 FAX:058689-2197
開館時間:9:00〜16:30 *休館日:月曜日、年末年始
入館無料

戻る

ページの上に戻る
ご意見ご感想著作権について Copyright(C), Eisai Co., Ltd. All rights reserved.