ここから本文です
わかる!エーザイ

1分でわかる4つのポイント

ポイント1エーザイの製品

エーザイといえば、皆様の生活に身近なチョコラBB製品をはじめとする一般用医薬品のイメージが強いかもしれません。しかし、薬局・薬店でお求めいただける一般用医薬品が全体の売上に占める割合は数パーセント程度で、大半を占めているのは医療用医薬品です。主力製品であるアルツハイマー型認知症治療薬「アリセプト®」はグローバルに70カ国以上で、新規抗がん剤「ハラヴェン®」は60カ国以上で上市しており、同じく新規抗がん剤の「レンビマ®」も上市国を拡大しています。また、新規抗てんかん剤「Fycompa®」(日本製品名「フィコンパ®」)も順調に患者様貢献を果たしています。

詳しくは「製品がわかる」へ

ポイント2エーザイの強み

エーザイは、患者様とそのご家族の喜怒哀楽を第一義に考え、そのベネフィット向上に貢献することを企業理念とし、国籍・国境・性別・年代を超え、エーザイの全社員が共有する「hhc=ヒューマンヘルスケア」にもとづいて事業活動をおこなっています。
得意とする特定の領域に資源を集中させることで、先端技術や医療現場の動向などをいち早く把握し、アンメット・メディカル・ニーズの充足をめざしています。革新的な医薬品を、必要とされる世界の患者様に一日でも早くお届けするために、イノベーション力を一層強化するとともに、新興国や開発途上国の医薬品アクセスの向上に貢献する新たなビジネスモデルの構築に積極的に取り組んでいます。

詳しくは「強みがわかる」へ

ポイント3エーザイの研究開発

一般的に、新薬の開発から製品化までには9~17年の歳月と数十億~数百億円の研究開発費が必要と言われています。エーザイでは、得意とする「神経」「がん」領域に資源を集中的に投入し、画期的な自社開発品の創出や、既存製品の適応症や剤形の追加、さらにM&A(企業の合併と買収)により、あらゆるニーズを充足するための研究とマネジメントを続けています。臨床後期段階には、これら重点領域を中心に、有望な新薬候補をそろえています。

詳しくは「研究開発がわかる」へ

ポイント4エーザイの業績

グローバルに展開している新規抗がん剤「ハラヴェン®」と「レンビマ®」の貢献により、がん領域製品群が伸長しています。新製品の創出のための研究開発費を積極的に投入していますが、同時に費用の効率化にも取り組み、着実な利益確保とキャッシュ創出に取り組んでいきます。

詳しくは「業績がわかる」へ
   わかる!エーザイトップへ

関連リンク