ここから本文です

医薬品アクセス

リンパ系フィラリア症

DEC Project ManagerによるインドネシアにおけるLF制圧活動への取り組み

2016.02.10掲載

 エーザイは、自社製のリンパ系フィラリア症(LF)治療薬「ジエチルカルバマジンクエン酸塩(略称:DEC)100mg錠」の世界保健機関(以下WHO)への無償提供を2013年10月より開始しております。
 DEC錠のWHOへの供給と共に、エーザイには、社内で「DEC Project Manager」と呼ぶ、LF制圧活動を考え、実行する担当者がおります。DEC Project Managerは、アジアのLF蔓延国にある販売子会社の社員を中心に任命されており、現地の視点・判断で各国の政府LF担当者やその他現地の関係者と早期の制圧を実現するためにどのような貢献ができるのかを議論しております。

 インドネシアでは、2015年より毎年10月をLFの制圧月間(BELKAGA: Bulan ELiminasi KAki GAjah)と定めて、国を挙げてLFの制圧に乗り出し、疾患の啓発を図ると同時に、全国の蔓延地域でMDA(Mass Drug Administration;集団投薬)を行うことを決めました。エーザイのインドネシアにおける子会社であるPT Eisai Indonesiaの社員も、BELKAGAに向けて準備段階から現地の関係者と話し合いを続け、薬剤供給に関する準備やBELKAGAを記念するイベントへの協力をしてまいりました。その様子はBELKAGAを記念するイベントに参加した現地社員のレポートならびに、インドネシアのBELKAGA期間中のMDAに必要なDEC錠1.5億錠の提供に関するニュースリリースを通じて知っていただくことができます。

 インドネシアでは、当初、保健省が独自に調達する薬剤をMDAに使用することが計画されておりました。インドネシアのDEC Project Managerは、LF制圧活動関係者との議論に加わり、高品質のDEC錠を必要量供給することが早期の制圧につながることを知り、WHOを通じたDEC錠の供給を提案しました。議論の結果、エーザイ製DEC錠を使うことで高品質かつ大量の薬剤を安定的に調達する目処がついたため、全国的な制圧活動であるBELKAGAの開始へと繋がりました。

 世界中の関係者が目標とするLFの2020年制圧に向け、今後も、エーザイはDEC錠の無償提供と共に、DEC Project Managerによる活動を通じて早期の疾患制圧への貢献を続けてまいります。

関連リンク