くすりの博物館
サイト内検索
内藤記念くすり博物館のご案内
人と薬のあゆみ 薬草に親しむ 内藤記念くすり博物館のご案内 タマでもわかるお薬のはなし もうひとつの学芸員室くすりの博物館トップページへ
館長挨拶
トピックス
イベント
ご利用案内
館内ガイド
出版物・販売物
トピックス

内藤記念くすり博物館 近代化産業遺産認定コレクション

<その37>医療用具 結核菌の動きを封じる−人工気胸器−

 化学療法が発達する以前、結核の内科的治療には充分な栄養と安静を与えるくらいしか方法がなかった。結核菌は肺の中で免疫細胞と攻防をくりひろげ、乾酪巣と呼ばれる病巣を形成する。宿主(人間)の抵抗力が強ければ、病巣は菌とともに石灰化するが、抵抗力が弱ければ治りかけの大きな病巣はこわれ、再び菌が肺の各所に広がり空洞を形成する。呼吸によって肺が動き、病巣が広がってしまわないようにすることも重要な治療の一つと考えられた。

 資料は人工気胸器と呼ばれる結核の治療器である。胸の側面(わきの下)に針を刺し、空気を注入することで人工的に気胸と同じ状態をつくりだし、肺を萎縮させ、肺の動きを抑制するのである。イタリア人医師Forlaniniが1888年に考案したこの方法は、昭和30年(1955)ごろまで用いられ、遠藤周作の小説『海と毒薬』の中でも描写されている。太い針を胸に刺すのは相当不安を感じさせたであろう。
人工気胸器 昭和時代
人工気胸器
昭和時代

人工気腹気胸器 昭和19年(1944)
人工気腹気胸器
昭和19年(1944)

これまでの記事:バックナンバー

ページの上に戻る
ご意見ご感想著作権について Copyright(C), Eisai Co., Ltd. All rights reserved.