くすりの博物館
サイト内検索
内藤記念くすり博物館のご案内
人と薬のあゆみ 薬草に親しむ 内藤記念くすり博物館のご案内 タマでもわかるお薬のはなし もうひとつの学芸員室くすりの博物館トップページへ
館長挨拶
トピックス
イベント
ご利用案内
館内ガイド
  ロビー・展示館
  図書館
  図書検索
  収蔵品デジタルアーカイブ
  薬用植物園
  エーザイコーナー
  認知症に関する情報スペース
出版物・販売物
館内ガイド

収蔵品デジタルアーカイブ

錦城先生経験方 錦城先生経験方ページへ>>
 1 2 3 4  


本資料は『名山図譜』(のちに『日本名山図会』)を谷文晁と共に出版した医師・川村錦城(寿庵)の処方集である。錦城(?-1812)は安藤昌益の医学の継承者と見られていたが、この稿本中に安藤昌益の処方として知られてきた「安肝湯」が収録されていたことなどから、錦城とは川村錦城その人であることが判明した。
本資料は、2001年に安藤昌益の会・事務局長の石渡博明氏が『大同薬室文庫蔵書目録』中に見出し、その後、同会会員・八重樫新治氏により内容が検討された結果、昌益の処方も継承されていることが確認された。
<解題:東條栄喜>

戻る

ご意見ご感想著作権について Copyright(C), Eisai Co., Ltd. All rights reserved.