くすりの博物館
サイト内検索
内藤記念くすり博物館のご案内
人と薬のあゆみ 薬草に親しむ 内藤記念くすり博物館のご案内 タマでもわかるお薬のはなし もうひとつの学芸員室くすりの博物館トップページへ
館長挨拶
トピックス
イベント
ご利用案内
館内ガイド
  ロビー・展示館
  図書館
  図書検索
  収蔵品デジタルアーカイブ
  薬用植物園
  エーザイコーナー
  認知症に関する情報スペース
出版物・販売物
館内ガイド
薬用植物園

約700種類の薬草・薬木を育成し、一般公開しています。
植付けの薬草・薬木については、下記の植栽図をご覧ください。

薬草園 薬木園
植栽図 (2018年3月更新)
 植栽図(印刷用PDF)ダウンロード

見ごろの薬草
シャクヤク(5月上旬〜5月中旬頃) シャクヤク (5月上旬〜5月中旬頃)
中国東北部、東シベリアに分布する多年草です。昔から「立てば芍薬(シャクヤク)」と美人の形容に用いられてきました。漢方では根を鎮痙、鎮痛などの目的で婦人病薬に用います。薬用種の花は園芸種に比べるとやや小ぶりです。

 シャクヤクの詳細と植物画 

クサノオウ (4月〜7月初め頃)
東アジアに広く分布する越年草です。鎮痛、鎮咳、利尿解毒のほか、外用として湿疹などに用いられました。有毒なアルカロイドを含みます。一般での使用は避けましょう。

 クサノオウの詳細と植物画 
クサノオウ(4月〜7月初め頃)

ジャーマンカモミール(4月中旬〜5月中旬頃) ジャーマンカモミール (4月中旬〜5月中旬頃)
ヨーロッパ原産の一年草です。ハーブティーは炎症を鎮め、気持を落ち着かせる作用があるとされています。リキュールの香り付けや香水にも利用されます。

 ジャーマンカモミールの詳細と植物画 

コリアンダー (4月中旬〜5月中旬頃)
地中海東部原産の2年草です。葉や果実は中華料理やベトナム料理でお馴染みの香りがします。果実はカレーのスパイスにも使われます。漢方では健胃、駆風の効果があるとされています。

 コリアンダーの詳細と植物画 
コリアンダー(4月中旬〜5月中旬頃)


シーズン別の主な見どころ
薬草園見どころカレンダー

※クリックすると拡大画像が見られます

 薬草に親しむ

ページの上に戻る
ご意見ご感想著作権について Copyright(C), Eisai Co., Ltd. All rights reserved.