くすりの博物館
サイト内検索
内藤記念くすり博物館のご案内
人と薬のあゆみ 薬草に親しむ 内藤記念くすり博物館のご案内 タマでもわかるお薬のはなし もうひとつの学芸員室くすりの博物館トップページへ
館長挨拶
トピックス
イベント
ご利用案内
館内ガイド
  ロビー・展示館
  図書館
  図書検索
  収蔵品デジタルアーカイブ
  薬用植物園
  エーザイコーナー
  認知症に関する情報スペース
出版物・販売物
館内ガイド

収蔵品デジタルアーカイブ

奈良絵本:その7(和田酒盛) 奈良絵本:その7(和田酒盛)ページへ>>
 1 2 3 4  


奈良絵を挿絵とした絵本の一種。室町末期から江戸前期にかけて作られ、御伽草子などを主とする奈良絵本である。題簽に「夜うちそか上」とあるが、内容から見て「舞の本」の一種である『和田酒盛』と判じられる。奈良絵本その6が「和田酒盛」という題簽を備えるものの、内容は『夜討曽我』であることから比べ合せて推考すると、両者の間で題簽の入れ替わりが起きたのではないかと思われる。

和田義盛の酒宴を描く冒頭から始まって、碁盤を枕にまどろむ五郎を記して終わっており、その後の五郎の活躍はあるべき下巻で描かれたものか。挿絵は全て抜き取られている。
<解題:神谷勝広>

戻る

ご意見ご感想著作権について Copyright(C), Eisai Co., Ltd. All rights reserved.