くすりの博物館
サイト内検索
内藤記念くすり博物館のご案内
人と薬のあゆみ 薬草に親しむ 内藤記念くすり博物館のご案内 タマでもわかるお薬のはなし もうひとつの学芸員室くすりの博物館トップページへ
館長挨拶
トピックス
イベント
ご利用案内
館内ガイド
  ロビー・展示館
  図書館
  図書検索
  収蔵品デジタルアーカイブ
  薬用植物園
  エーザイコーナー
  認知症に関する情報スペース
出版物・販売物
館内ガイド

収蔵品デジタルアーカイブ

奈良絵本:その6(夜打曽我) 奈良絵本:その6(夜打曽我)ページへ>>
 1 2 3 4 5  


奈良絵を挿絵とした絵本の一種。室町末期から江戸前期にかけて作られ、御伽草子などを主とする奈良絵本である。題簽に「わたりかもり上」とあるが、内容から見て「舞の本」(※)の一種である『夜討曽我』と判じられる。奈良絵本その7が「夜うちそか上」という題簽を備えるものの、内容は『和田酒盛』であることから比べ合せて推考すると、両者の間で題簽の入れ替わりが起きたのではないかと思われる。

どちらも曽我兄弟の事跡を題材とした曽我物であることから判明しづらかったものか。冒頭部から俣野と真田の力競べまでを記しているが、挿絵は全て抜き取られている。

(※)「舞の本」は幸若舞の語り台本を読み物用に転用したものの称である。幸若舞曲は本来は演劇であるが、その詞章は御伽草子と似ており、さかんに絵巻や奈良絵本に仕立てられた。
<解題:神谷勝広>

戻る

ご意見ご感想著作権について Copyright(C), Eisai Co., Ltd. All rights reserved.