くすりの博物館
サイト内検索
内藤記念くすり博物館のご案内
人と薬のあゆみ 薬草に親しむ 内藤記念くすり博物館のご案内 タマでもわかるお薬のはなし もうひとつの学芸員室くすりの博物館トップページへ
館長挨拶
トピックス
イベント
ご利用案内
館内ガイド
  ロビー・展示館
  図書館
  図書検索
  収蔵品デジタルアーカイブ
  薬用植物園
  エーザイコーナー
  認知症に関する情報スペース
出版物・販売物
館内ガイド

収蔵品デジタルアーカイブ

看病手引歌 看病手引歌ページへ>>
 1  


『看病手引歌』は江戸時代後期の文政10年(1827)に天台宗の僧侶霊應が和讃(七五調)の形式をもって発刊したものである。仏教思想に基づく看病の心得をわかりやすく、覚えやすく工夫した内容となっている。記載されている内容は大きく「看病の功徳」と「看病の実技」であった。

<解題:伊藤恭子(当館学芸員)>

戻る

ご意見ご感想著作権について Copyright(C), Eisai Co., Ltd. All rights reserved.